CHANEL-シャネル- J12 オーバーホール・プッシュボタン修理のご依頼です。

修理ブランドその他ブランド

シャネル J12 オーバーホール(分解掃除) プッシュボタン修理

今回は、CHANEL J12 オーバーホールプッシュボタン修理のご依頼です。

 シャネルが2000年に発表した「J12」は、ケースとブレスレットにブラックのセラミックを用いた革新的な時計として登場しました。
セラミックはステンレススティールより加工が難しいと言われています。製造途中で破損や収縮などが起こりやすく、その品質の管理や保証の難しさから時計に採用される例は少なかったのですが、金属アレルギーを起こさない素材であること、艶やかな質感はセラミックならではであり、その美しい輝きは驚きをもって迎えられました。
 シャネルはファッションブランドとしてのイメージが強いですが、機械式時計の技術力向上にも余念がなく、「自社開発ムーブメント」を求め、自動巻きムーブメントの製造会社ケニッシに資本参加し、マニュファクチュールとしての道を歩んでいることにも注目されているブランドです。

CHANEL J12 オーバーホール、プッシュボタン、修理、クロノグラフ、分解掃除は新潟市BROOCH時計修理工房におまかせください!
今回はオーバーホールに加え、プッシュボタンが効かなくなったとの事なので、プッシュボタンも修理します。

~まずはオーバーホール!~

 オーバーホールは単なる「分解・洗浄・組み立て」ではありません。人間でいうところの健康診断のような役割も持っています。分解していきながら部品に破損がないかチェックし、動作不良のある場合はその原因を探しながら分解していきます。例えば歯車だったら、歯に欠けがないか、汚れが溜まってないか、油が切れて部品に擦れ跡がついてないかなどもチェックします。
 オーバーホールは部品に破損がない限りは元のものをそのまま組み立てていきますが、もし破損した部品がある場合は新しいものと交換します。その際はオーバーホール料金に別途部品代がかかります。組み立てる際は、時計が動くときに負担のかかる箇所に油を注します。特にテンプガンギ車などの常に動き続けている箇所は専用の軽い油を指します。逆に香箱などの強い力がかかるところは簡単に油が流れ出ないように重い油を注します。
 時計は一気に全部組み立てていくのではなく、段階ごとに動作チェックと調整をしながら部位ごとに組み立てていきます。こうすることで、組み立てる段階でも不具合を見つけることができるからです。
修理のご依頼を頂きましたが、オーバーホールをしていくうえで、プッシュボタンの効きが悪いなどもこの段階でチェックし修理いたします。

~プッシュボタン不良の原因は?~

 今回のプッシュボタン不良は錆付きによるものでした。洗浄をして、油を注し直してあげて無事解決しましたがもしそのままでいたらどうなっていたことか、、。最悪の場合交換が必要になってくることも考えられます。
 また今回はプッシュボタンでしたが、リュウズやプッシュボタンのゴミ・汚れは防水性低下の原因にもなります。
ゴミや汚れは複雑な形状の場所に留まります。
 腕時計でいえばリュウズやプッシュボタン(ストップウォッチボタン)周りです。ここにゴミが溜まると毛細管現象によりゴミを伝って時計内部に浸水する場合があります。
 また、多くの腕時計はステンレス素材が使用されていますが、ステンレス素材の汚れを放置しておくとサビや腐食となってしまい、時計の機能に悪影響を及ぼすこともあります。

~自分でできるお手入れ!~

 まず、リュウズやプッシュボタンは定期的に操作してあげることが大事です。リュウズは「引き出す」「押し込む」「巻き上げる」、プッシュボタンは「押す」のようにしてあげます。
 その様にしていたうえでホコリや汚れが付いていたら歯ブラシなどで汚れを落としてあげる。自分で出来る範囲で行い、それでも取れないようなら専門家(時計修理屋)に見てもらうことをおすすめします。

 酷い汚れや錆などで全く動かなくなってしまうケースもございます。そうなった場合無理に動かそうとすると折れたり、破損したりしてしまいます。当店では様々な方法で対処することが可能ですので、お困りの際は一度お持ちになられてはいかがでしょうか。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール料金 ¥33,000(税込)