スタッフブログ

BROOCH時計修理工房神田店の外装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です。私たちは「刻まれた想い出を直す」スペシャリストとして、皆様のその時計を持った想い出や、共に駆け抜けた人生のストーリーを教えていただいております。先日、電池交換や修理の待ち時間の間にお客様とお話しさせていただく中、腕時計好きあるあるのお話になりました。
本日はブローチ時計修理工房神田店スタッフが思う「腕時計好きあるある」を発表いたします。


あるあるその1 相手の顔を見た後に時計をチェック。高級時計や機械式時計だったら感動
時計の修理完成ロレックス

写真は「ロレックス GMTマスター」。これはあるあるかと思いますが、私たちだけでしょうか?相手と挨拶したあと、目線が逸れた時にさりげなくチェック。スタッフOは電車の中でもさりげなく時計チェックセンサーが入ってしまいます。好きなブランドだとテンション上がりますね。私は現在カルティエの腕時計が欲しいので、タンクをつけている女性がいると嬉しく思います。でも最近はコートで時計が見えないことが多いので寂しい…テレビをみていても、出演者の方の時計が気になる方も多いのでは?大物芸能人の哀川翔さんはウブロを愛用されているようですね。

あるあるその2 時計の日付・時間を合わせていない
神田の時計修理はBROOCH時計修理工房へ

腕時計をつけているのは時計のフォルムをみるため。時間や日付を合わせずに使用しがちです。みんなで仕事終わりにご飯を食べに行った際、店員さんがラストオーダーを取りに来た時も「俺のオメガシーマスターはまだ15時なんだけれどなぁ」という言葉を聞いたことがあります。奥様より視認性が高いオメガは時刻を合わせていないと勿体ないと言われてしまうこともあるようです。

あるあるその3 腕時計好きな人と出会ったら話したいことが止まらない

腕時計に限らず、共通の好きな事があった際には語り合いたいですよね。ブローチ時計宝石修理工房神田店では、もちろん時計好きの方が多くご来店いただいております。そのため、腕時計修理の待ち時間にお客様同士と受付スタッフで腕時計に関してお話ししていることが多いです。先日はお客様同士で「俺のタグホイヤーアクアレーサープロフェッショナルをオーバーホールしたときはこうだった」などとお話しされてました。皆さん情報交換をされてて、私たちも勉強になります。

あるあるその4 日常生活で磁気に敏感になる

腕時計は磁気に弱いので、磁気帯びしてしまうと止まってしまいます。テレビのスピーカーや電子レンジなどはもちろん、スマートフォンなど、生活するうえで目に見えない磁気が発生しております。そのため、腕時計好きの方は常にアンテナを張って身の回りの磁気に気をつけている方が多いようです。
※当店は磁気を帯びてしまった時計を店頭にて磁気抜きを行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。


いかがでしたでしょうか。こんなあるあるもあるよ、という方はぜひスタッフまで教えてください。

最後になりましたが、本年はブローチ時計修理工房神田店をご愛顧いただきましてありがとうございました。来年は更に「皆様の大切な時計メンテナンスショップ」として、より一層精進してまいります。来年も皆様にとって良い年になりますようお祈り申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

ガラス(風防)のキズも綺麗になります!

時計修理はBROOCH時計修理工房へ 時計修理はBROOCH時計修理工房へ

ガラスに傷が付いてしまいました。キレイになりますか?時々そういったお悩みでお客様がご来店されます。時計のガラス部分にキズが入ってしまうと、時間を確認する時に毎回キズが気になってしまいますよね。当店では、ケース・バンド磨きはもちろんのことガラスの磨き作業も行っております。プラスチックの風防であればだいたいのキズはキレイにできます。しかし、最近サファイアを使用している事が多く、サファイアガラスですと非常に硬い素材ですので磨くことは出来ません。その場合は交換になってしまいます。

ケース・バンド磨きってどんな作業?

時計修理はBROOCH時計修理工房へ 時計修理はBROOCH時計修理工房へ 時計修理はBROOCH時計修理工房へ

基本的にはバフモーターという機械を使い、磨いていくのですが、ズレたり凹凸が出来たりすると綺麗な仕上がりとは言えなくなるので、集中力を高めて作業します。硬めのフェルトバフで全体のキズを取り除きます。この時の傷の取り具合がこの後に繋がっていくので大事な一段階目です。あまり深い傷を追ってしまうと、形状自体が変わってしまう恐れがあるのでバランスも見ながら慎重に研磨していきます。二段階目は、少し硬さを落とし、柔らかめのフェルトバフで磨いていきます。この段階である程度の光沢を出します。この時、表面に凸凹が出ないよう注意しながら研磨していきます。最後に、布バフで鏡面に仕上げます。バフの回転を上げ一気に仕上げます。サテン仕上げはバフモーターの一番右にあるスポンジバフという筋の付くバフを使用します。斜めに筋が入らないように気を付けながらサテン加工を施していきます。この作業で鏡面仕上げとの綺麗なコントラストが決まるので重要な作業になります。

いつも同じ時間に時計が止まってしまうのはなぜ?

時計修理はBROOCH時計修理工房へ

自動巻きや手巻きの腕時計が毎日決まった時間に停止してしまうのは、歯車に欠けなどがあるか、時計内部のサビや汚れの可能性が高いです。そのサビや汚れ、歯車の不具合が同じ個所で引っかかる原因となっていることが多いです。こういう症状が出た場合はオーバーホールが必要になります!

オーバーホールはなぜ必要?

時計修理はBROOCH時計修理工房へ

本来時計とは時間を把握するためのものです。定期的なオーバーホールをしていないと正確に時間を刻むことができなくなります。その原因としては、機械の油が乾いてしまって動きを悪くしてしまう・歯車にかかる負担が大きくなり摩耗、破損などしてしまうからです。こうなるとオーバーホールだけでは済まず、パーツ交換も必要になりますので早めのオーバーホールをオススメしております。
当店ではオーバーホール(分解掃除)以外にも、ポリッシュ加工(外装磨き)・電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業など様々な修理・作業を承っております。お客様のお使いの時計に不具合等がありましたら是非ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください!

 

 

こんにちは!BROOCH時計修理工房 阿佐ヶ谷店です。

今回は、12月10日にオープン致しました阿佐ヶ谷店の様子をお届けしたいと思います。
阿佐ヶ谷店がオープンしてから約1週間が経過しましたが、沢山のお客様に足を運んでいただきとても嬉しいです!これからも、お客様の大切な時計を沢山修理できるように頑張ってまいりますのでよろしくお願いします!

オープンして間もない阿佐ヶ谷店ですが、今回は店舗案内も兼ねて外観、内装を紹介させていただきます。時計修理はBROOCH時計修理工房へ

お店は、阿佐ヶ谷駅南口から徒歩7分の場所に位置しており、阿佐ヶ谷パールセンター商店街にあります!

時計修理はBROOCH時計修理工房へ

お店に入って右側にはベルトを置いています。お客様の時計にお似合いの1本を一緒にお探しいたします!

時計修理はBROOCH時計修理工房へ

他にも、時計修理スペースがあります。お客様からも作業風景がご覧いただけるようになっていますので普段は見えない時計の内部が見れます!時計の状態などをリアルタイムでお伝え出来ます。修理事例①

時計修理はBROOCH時計修理工房へ

奥に進むと、受付スペースがあります。修理中の待ち時間に作業風景をご覧いただいた後は、受付師とのたわいもない会話で居心地の良い空間を作ります。時計との出会い・思い出のお話ははなかなかするタイミングがないかと思います。お待ちいただいている時間で時計と一緒に刻んできた思い出のお話しをお聞かせください!お客様と時計とのストーリーのなかに我々時計師が携われることを楽しみにしています!お客様の時計がより良い状態になるようにご提案させていただきますので、是非BROOCH時計修理工房へお越しください!

BROOCH時計修理工房 神田店 外装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です!神田のお近くで腕時計のメンテナンスのショップをお探しならぜひ当店におかませください!電池交換】や【オーバーホール】、【研磨(ポリッシュ)】【ベルト交換】など、お気軽にご来店ください。
さて、本日はよく質問いただく「よくある故障の原因について」についてのお話です。

よくある故障の原因は何か?

時計の故障の原因は様々なことが考えられますが、原因として多いのが「落下の衝撃」「磁気が入ってしまった」「水が入ってしまった」「電子回路の故障」などです。使おうと思っていた時計が壊れていたらショックですよね。少しでも気になるところがありましたら、お早めに時計修理店に見てもらうことをおすすめします。

皆様は「大切な時計」の行きつけメンテナンスショップはございますでしょうか。私たち人間も毎年健康診断を行うように、時計も調子のよくないところを定期的にメンテナンスしてあげることが大切です。時計に不具合が起こる前にメンテナンスを行うことでパーツの破損を防ぎ、長期的な目で見ると定期メンテナンスのコストも下げてくれますブローチ時計修理工房では、皆様の大切な時計を、熟練の時計技師がメンテナンスいたします。

運営会社について

閉じる