新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > ギョーシェ彫り

ギョーシェ彫り

文字盤に施される装飾技法でかつ実用性を兼ね備えるもの。

Girard Perregaux-ジラール・ぺルゴ- オーバーホール(分解掃除)、修理は新潟ブローチ時計修理工房へ!
上の写真はGirard Perregaux-ジラール・ぺルゴ-Ref.4797というモデル。
文字盤中央部分に施されている模様なようなもの。

ちなみにギョーシェ彫りは18世紀にアブラアン・ルイ・ブレゲによって考案された繊細な装飾、およびその技法のことを指す。
現代では機械加工で彫っていたり、型押しで加工できてしまうものも多くありますが、ブレゲは今でも熟練の職人が昔ながらの器具を使い、1本1本手作業で仕上げているとか、、、。

 

閉じる