新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > フランクミュラー(FRANK MULLER)

フランクミュラー(FRANK MULLER)

フランクミューラーとはスイスの腕時計メーカー

フランクミュラーは1975年にスイスの時計学校に入学し、3年以内に履修するはずの単位をわずか1年で習得し、卒業前から周りの注目を浴びていました。その時計学校の卒業試験はロレックスの時計を組み上げるというものでしたが、彼は組み上げるだけでなくその部品に手を加え、永久カレンダーを追加していました。その後、彼は主席で時計学校を卒業しました。

卒業後、彼はパン工房の二階に時計のオーダーメイド製作を受けることで資金をためていました。資金が溜まると独立時計士アカデミーの一員になり、博物館から依頼された時計の修復を請け負いつつ独自に時計を製作していました。
1991年にフランクミュラーのブランドが生まれ、当時はすべての部品を自社制作していましたが、1994年からはエタのムーブメントを使った時計も製作するようになりました。クオーツの機械を搭載した時計も販売しています。

おしゃれさに重点を置いたデザインに重点を置いており、どの時計も特徴的な文字盤をしています。現在ではiPhoneのケースや日本の結婚式のプロデュースまで幅広く行う万能ブランドとなりました。

フランクミュラーのオーバーホール外装磨きをするなら新潟万代ブローチ時計修理工房
上の画像はフランクミュラーのコンキスタドールです。フランク・ミュラーと言えば特徴的な”トノーカーベックス”のケースです。このトノー型の腕時計は、1920年代のアール・デコスタイルを蘇らせながらも、現代のスタイルを併せ持った独特のフォルムを表現。どのケース面から見ても緩やかに湾曲している3次元曲線を用い、カーベックスの形状に合わせてデザインされています。
このモデルはETAのCal2892がベースになっています。色々な時計メーカーがそれぞれのブランドでの高級ラインのシリーズにこの2892ムーブメントを採用している名作時計です。

関連修理事例:フランクミューラー(Franck Muller) 修理 オーバーホール

閉じる