リューズカバー

リューズカバー

本来むきだしのリューズの上にカバーをつける機構

ねじ巻き式のものや、回転させ開けるとリューズが顔を出し調整する事が可能となります。リューズと本体をつなぐマキシンはとても細く、リューズを何かにぶつけたりすれば折れてしまう危険性もあります。しかしこのカバーがあれば安心です。

新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 カルティエref2324のオーバーホール&ポリッシュ
上記の画像はカルティエのパシャです。ねじ込み式のリューズカバーが本体に鎖でつながれています。