スタッフブログ

Hermès(エルメス)

HERMES_CB_1

1837年に誕生。馬具製造から始まりハンドバッグなどの皮革製品だけでなく、現在ではアクセサリーやスカーフといった幅広いアイテムを手がけている。時計の始まりは1920年から。自社で時計を完成させる為、1978年にスイスのビエンヌに新会社ラ・モントル・エルメスを設立し、本格的なスタートを切った。斬新なデザインも魅力のひとつ。革ベルトモデルの発色、質感はエルメスならではの上質な雰囲気がある。

クリッパーの特徴

今回ご紹介する時計はエルメスの「クリッパー」というモデルになります。
1981年に発売開始され、2018年に廃盤になったので、直営店での取り扱いがほとんどありません。
クリッパーという名前は19世紀に活躍した大型船・クリッパー船から名付けられました。
特徴的な丸型のケースは大型船の窓をモチーフに作られています。

 

BROOCH時計修理工房

阿佐ヶ谷店

BROOCH時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

マストシリーズ

must_de_cartier
Cartier(カルティエ)は1847年に創設されたファッションブランドです。このCartierはたくさんの有名シリーズを発表してきました。その中の一つ、「must de Cartier(マスト ドゥ カルティエ)」は英語の「Must」の「~~しなければならない」という意味から「持たなければならない」「不可欠な物」という思いを込めて作られたシリーズです。現在ではmust de Cartierは生産終了していますが、今でもアンティーク時計として人気を博しています。

マストヴァンドーム

must_de_cartier
今回のご紹介する時計は、マストシリーズの中の「マストヴァンドーム」というモデルになります。1920年頃創業者のルイ・カルティエが、馬車を走らせていた際に、馬車のアタッチメントから着想を得て作られたと言われています。ヴァンドームという名前は、このデザインを思いついた場所がパリのヴァンドーム広場だったためと言われています。またこの丸型のデザインは1970年頃に発表されたモデルです。このmust de Cartierのヴァンドームはヴェルメイユ技法を用いているため、Cartierの中でも比較的安価に購入できたようです。この美しいフォルムと輝きで世の女性を魅力し続けています。
こちらの商品は店頭およびアンティーク時計サイトにて販売しております!

BROOCH時計修理工房

阿佐ヶ谷店
BROOCH
時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

機械式時計とは?
waltham_antique

時計には大きく分けて機械式時計とクオーツ式時計というものがあります。機械式時計は文字通り機械によって構成されている時計で、ゼンマイが解ける力を動力源とし動いています。対してクオーツ式時計は電子回路などが組み込まれており、電池の力で動いている時計です。また近年では、SEIKOの両方のいいとこどりをしたキネティックというムーブメントが出てきています。腕に着けれるサイズにも拘らず、凄まじい技術が詰め込まれています。

手巻き時計と自動巻き時計
Cal.613

最初に生まれたのが手巻き時計、その後自動巻き時計が開発されました。手巻き時計は、名の通り手でリューズを回し、それによりゼンマイを巻きあげる機構を持った時計です。自動巻き時計はこの手でリューズを回すという工程を抜かして、半月上のローターが回ることによりゼンマイを巻きあげる機構を持った時計です。手巻き時計だと巻きどまりというものがあります。これは過度にゼンマイを巻きあげた際に起こるものです。ゼンマイが巻き上げられすぎて解けなくなってしまった状態です。この場合オーバーホールをしてゼンマイを解いてあげることが必要となってきます。機械式時計は精密機器ですので、大切に扱ってあげることが必要ですね。またこれ以外にもゼンマイ切れで動かなくなることもあります。このような症状でお困りの方は是非一度当店にご相談ください!

BROOCH時計修理工房

阿佐ヶ谷店
BROOCH
時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

OMEGA Geneva(ジュネーブ)

 OMEGA
OMEGA Geneva(オメガジュネーブ)は人気時計ブランドのOMEGAが1960年代頃に造った時計のシリーズです。Geneveシリーズは1950年代から1970年の約20年間生産されました。それまでのOMEGAの時計には「OMEGA」としか記載していなかったですが、このGeneveシリーズからシリーズ名を入れるようになりました。現在は販売してないシリーズのため、マニアの中では人気の高いシリーズです。

最高クラス、Cal.613搭載

Cal.613
古い手巻きムーブメントと言えば「30㎜キャリバー」が特に有名で人気が高いです。この30㎜キャリバーの中でも、特に最高クラスと言われているのがCal.613です。このキャリバーは自動巻きキャリバーをベースに造られているムーブメントです。また、『ADJUSTED TWO(2) POSITIONS(2姿勢調整)』の刻印が入った性能の良さも窺えるムーブメントです。シンプルなデザインも魅力的で、ビジネス・フォーマルシーン共にお使い頂ける時計となっています。

BROOCH時計修理工房

BROOCH時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

世界初のエレクトリック時計


HAMILTON(ハミルトン)のベンチュラは1957年に発表された「世界初のエレクトリック時計」です。ベンチュラが発表される前までは機械式時計が普及されている時代でした。それまででもHAMILTONは鉄道時計にて時計メーカーとして地位を獲得していましたが、ベンチュラでその地位を確かなものとしました。またこのデザインを担当したのが、アメリカの自動車として広く知られている「キャラデック」をデザインした「リチャード・アービブ」です。

特徴的なデザイン

ベンチュラと言えば非左右対称の独特なケースデザインです。こちらは盾をモチーフにして作られていると言われています。また9時から3時に伸びているジグザグな線は、電気信号を示す「オシロスコープ」がモチーフです。世界初のエレクトリック時計として、様々な所に電気が用いられていますね。

BROOCH時計修理工房

BROOCH時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

閉じる