アモルファスシリコン

アモルファスシリコン

ケイ素を主体とする非晶質半導体である。 結晶シリコンと比較してエネルギーギャップが大きく、吸光係数が高い、製膜が容易などの特徴を持ち、薄膜トランジスタや太陽電池などに応用される。