新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > エピラム処理

エピラム処理

潤滑油の拡散を防ぐための手法

 

1960年以降の振動数の多いムーブメントに多く見られます。特にセイコーなどは1960年の時点でエピラム処理の手法を取り入れていたようです。

ステアリン酸を加えた洗浄液に浸して乾燥させると、表面にステアリン酸膜が生じます。この被膜は油分をはじくため、が一か所に留まろうとします。

 

関連修理事例:ロレックス(ROLEX)Ref.18038 修理 オーバーホール

閉じる