フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)

フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)

“一部の愛好家だけでなく、より多くの人に本格時計を楽しんでほしい”という創業者の思いから誕生。現在ではメジャーになった文字盤の小窓からテンプが見える「ハートビート」は、1994年に同社が最初に製品化したもの。

2004年の自社製手巻きキャリパー以降、2006年に自動巻きムーブ、2007年にシリコン製ガンギ搭載モデルなど、次々に話題作を発表。こうした積極的な展開こそ、わずか20年余りで急成長した同社の強みとなっている。