マジックレバー方式

マジックレバー方式

SEIKOが1959年に開発した自動巻機構で、切り替え車を用いず、特殊なレバーと回転を伝える歯車とで、両回転とも巻き上げる方式。原理はシンプルで機構もコンパクトなので量産にも向いている。