Archive

REVUE THOMMEN

5月 8th, 2022

レビュートーメンは、ゲデオン・トーメン(Gedeon Thommen )が1853年にスイスで創業した老舗時計メーカーです。創業以来170年もの間、頑なにハンドメイドによる時計作りを続けています。
1920年頃には、計測器部門ができて航空機用計器に進出しました。1962年、ヴァルカンらと共にMSRグループ(Manufactures d’horlogerie Suisses Runies)を立ち上げました。ヴァルカンの代表作、世界初のアラーム付き腕時計、クリケットは、1947年には歴代のアメリカ大統領が愛用し、別名大統領の時計とも呼ばれるアラームリストウォッチで、今も尚有名な時計です。そんなクリケットは、MSRグループ設立によってレビュートーメンブランドで販売されることになります。
2000年頃、日本製のクオーツ時計を台頭により、MSRは解体します。
現在は、機械式時計が再評価されたことで、レビュートーメンは昔のキャリバーを復活させています。

運営会社について

閉じる