FAQ

時計の電池が切れる時って、何かわかったりしますか?

4秒発進や3秒発進など独特のサインが有ります

腕時計の電池残量はナカナカ判り難くお出かけの際に急に電池が切れてしまって困ったなんて体験の有り方も少なくないと思います。腕時計は日ごろから小まめにメンテナンスしていても急に切れてしまう事も多くあります。

腕時計の電池交換はブローチ時計修理工房そこで国産メーカーを中心に電池が切れる事を事前に予告する機能を腕時計に着けている場合が有ります。EOL(バッテリー消耗表示機能)が付いている時計でしたら電池が切れる事が事前に分かるので安心です。
製造メーカーによりますが、通常1秒1秒動く秒針が4秒毎、3秒毎1回のペースで間隔をあけて動き出したらそれが「もう少しで電池が切れます」のサインです。Gshock(ジーショック)等の液晶パネル文字盤の場合は文字が点滅するなどのバッテリー消耗表示機能が付いていて、教えてくれます。