BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > OMEGA オメガ > オメガ(OMEGA)シーマスターRef.3861231 オーバーホール 分解掃除 外装磨き 時計修理

オメガ(OMEGA)シーマスターRef.3861231 オーバーホール 分解掃除 外装磨き 時計修理

修理ブランドOMEGA オメガ

オメガ(OMEGA)シーマスターRef.3861231 オーバーホール 分解掃除 外装磨き

今回お持ちいただいたオメガ シーマスターポラリスです。こちらはステンレスにゴールドをはめ込むことで独特の模様を出しています。1980年代に発表され、亀の愛称で親しまれてきました。

お預かり時の状態

「購入してから20年以上経過しており、一度もオーバーホールをしたことが無い。ケースに傷が増えてきたのでが移送も磨いてほしい。」とのことでお預かりしました。
拝見したところ、リューズを回した時の感触が重たくなってました。さらに裏蓋を開けて歯車の真のホゾを見てみると、油が全くありませんでした。
オメガシーマスターポラリスのオーバーホールは新潟ブローチ

これは油切れと呼ばれる状態で、なるべく早くオーバーホールが必要になります。

オーバーホールとは?

オーバーホールとは「分解掃除」を示す言葉ですが、役割はそれだけではありません。人間でいうところの健康診断と同じ役割も持っています。
分解・洗浄した部品を組み立て・注油していきながら、各部の動作チェックを行うことで不具合を洗い出していきます。この過程で破損した部品が見つかれば、修正もしくは部品ごと交換します。


テンプまで部品を組み上げた段階でこちらの測定器(タイムグラファー)にかけて、テンプの振りに異常がないか、遅れ・進みがないか、あれば修正していきます。(測定器とは人間でいうところの心電図を見るための機械です。)
このように厳密なチェックを受けながら時計は組みあがっていくのです。

オーバーホールはなぜ必要?

人間が時計に求める最も重要な事項は正確な時間表示です。定期的なオーバーホールを怠ってしまえば時計は正確な時間を刻むことができなくなってしまい、私たちは正確な時間を知ることができなくなってしまいます。
正常な動作ができなくなってしまう原因はいくつかあります。その中で特に多いのが、油切れと汚れの蓄積、そして部品の破損です。時計の油は蒸発しにくい成分で構成されていますが、それでも長期間経てば蒸発して固着してしまいます。油が切れれば当然部品同士の摩擦は増加して部品同士に負担がかかります。摩擦が増加すれば部品同士がこすれて黒い汚れが発生してしまうこともあります。この汚れが蓄積することで部品の動きを阻害してしまいさらに負担をかけてしまいます。この状態が長く続くとばねが折れたり歯車の歯が欠けてしまうこともあります
こうなってしまえばオーバーホール代に部品代が加わってしまい、かなり高額になってしまいます。もし、アンティークの時計であれば、替えの部品が手に入りにくく、修理ができない場合もあります。このような事態を避けるためにも、定期的なオーバーホールは必須であるといえます。(これは機械式だけでなく、クオーツ式にも言えます。オーバーホールの周期はそれぞれ、4年、8年に一度がよいとされています。もしメーカーの推奨するタイミングがある場合はそちらを優先した方がよいでしょう。

ピカピカ仕上げ!磨き作業

今回はオーバーホールと同時進行でポリッシュ(外装磨き)もしていきます。外装磨きを施せば、長年使いこんで傷だらけになった時計でもピカピカなります。

時計のケースブレスの磨きをするなら新潟万代ブローチ時計修理工房
作業にはこのバフモーターを使用します。左側のフェルトバフで大きな傷を取っていき、ある程度取れたら、目が細かく柔らかいバフに交換して、隅々まで磨いていきます。最後は中央の一番目が細かく柔らかい布バフで仕上げて完成です。
もし、グロスではなヘアラインの仕上げが必要な場合はマスキングで必要なところを隠してから、右側のスポンジバフをかけてスジをつけていきます。

オメガシーマスターポラリスのオーバーホールは新潟万代ブローチ時計修理工房
こちらが磨く前のケースです。本来は全体に縦スジが入っているのですが、長年の使用で様々な角度の小傷が見られます。こういった場合、すべての傷をいったん落としてから改めて縦スジを入れていきます。

オメガシーマスターポラリスのオーバーホールは新潟万代ブローチ時計修理工房
こちらが作業後の画像です。縦スジを入れ直したことで、全体的にすっきりした外観になりました。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

 ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、
折れ込んでしまったネジやピンの除去、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理・作業を承っております。

大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、それぞれ理由があると思いますが、その時計が壊れてしまったら悲しくなりませんか?
壊れたら買い換えたらいい。そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません、ですが壊れないように定期的にメンテナンスすれば一生ものです!もし壊れてしまっても直せます!
お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール¥27,830(税込)
ケース・ブレスポリッシュ¥12,100(税込)

運営会社について

閉じる