BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > TAG Heuer タグ ホイヤー > TAG HEUER(タグホイヤー)Carrera Twin-Time(カレラ ツインタイム)のベルト交換を承りました。

TAG HEUER(タグホイヤー)Carrera Twin-Time(カレラ ツインタイム)のベルト交換を承りました。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

GMT機能が搭載されているCarrera Twin-Time(カレラ ツインタイム)のベルト交換ご依頼がありました

TAG HEUER(タグホイヤー)Carrera Twin-Time(カレラ ツインタイム)のベルト交換もブローチ時計修理工房へおまかせ下さい。

1860年に設立されスポーツウォッチの開発に注力するタグホイヤー(旧社名:ホイヤー)の
GMT(Greenwich Mean Time)機能が搭載されたカレラ ツインタイムのバンド交換のご依頼を承りました。

Carrera Twin-Time
カレラ ツインタイム詳細

ケース径:39 mm
ムーブメント:自動巻き
風防:サファイアクリスタル風防
仕様:日付表示GMT
ケース素材:ステンレススチール
ベゼル素材:ステンレススチール
ベルト素材:革

 

TAG HEUER(タグホイヤー)Carrera Twin-Time(カレラ ツインタイム)にはGMT機能が搭載されています

GMT(Greenwich Mean Time)を日本語に直すと「世界標準時」という意味を指し現在時刻の針と連動する
GMT針(こちらの時計は青いライン三角形の針)と、盤面際部分の24時間数字を時差と合わせる事で一目で対象国の時間が見て取れるようにするものです。

特に海外へ足を運ぶビジネスマンや旅行へ良く行かれる方に重宝してたり、ご家族が留学などで海外に住まわれていたり、
昨今ですとリモートでやり取りをする際、先方が海外に住まわれている場合にもお役立ち頂ける機能ではないでしょうか。

タグホイヤーの最新モデルでも「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー7 ツインタイム デイト」に機能が受け継がれ、GMT針と盤面際の数字を確認することができます。

 

TAG HEUER(タグホイヤー)純正のベルトも使用年数とともにどうしても弱ってきてしまいます

今回ご依頼いただきましたオーナー様はこの時計を愛用されており、購入時のレザーベルトがボロボロになってしまい一度交換…。
最近になり、交換したベルトも劣化が見られ時計本体(ケース)とベルトを繋いでいるバネ棒の部分に切れ目が入ってきてしまい交換したいとのことでご来店下さいました。

ほとんど一目で「このベルトが良い」とお選びいただいたベルトを、その場ですぐに交換しましたところ
色合いもちょうど良く改めて美しくご使用いただけるようになったのではないでしょうか。

オーナー様に愛用頂いているカレラ ツインタイムも自動巻きの腕時計です。
お話させて頂きましたが、少しでも気になったり定期的なメンテナンスをお考えになられたら是非当店でオーバーホールをご検討下さい。

ベルト購入¥6,050(税込)

運営会社について

閉じる