新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > フライバック機能

フライバック機能

時計クロノグラフ機能において、計測中にセットボタンを押すと、その瞬間、進んだクロノグラフ針がゼロ位置に戻りリセットされ、何度も連続的に計測を行うことができる機能のこと。

飛行機の操縦に地図と時計が使われていた時代にこの機構は誕生しました。飛行中のとっさの出来事に瞬時に対応できるこのフライバック機能はとても重宝され、電子的な測定器が登場するまで活躍しました。


上の画像はゼニスのレインボーフライバック

 

関連修理事例:ZENITH レインボーフライバック オーバーホール

閉じる