オメガ OMEGA

オメガ OMEGA

オメガ OMEGA

オメガ(OMEGA、Ω)は、世界的に有名なスイスの高級腕時計メーカーで現在はスウォッチグループに属しています。
古くから多数の自社開発ムーヴメント(キャリバー)を世に送り出しているメーカーです。
時計士のルイ・ブラン氏が1848年にスイスで工房を開設したのが始まりです。彼は息子たちに後を継がせ、代を得るごとに一大高級ブランドとして成長していきました。

それまでは、時計といえば大半は手作業が一般的でしたが、製造工程を機械化して自動化し、部品ごとに分業する方法を採用し生産規模を大きくしていきました。この手法はオメガが世界で始めて採用して物で、つまり今の時計の量産技術の基礎を作ったことになります。

開業からしばらくして、1894年には、当時としては超高性能なムーブメント「19ライン キャリバー」を発表し、これに「オメガ」という名前を与えました。そして、1903年には「オメガ」を社名に採用しました。オメガは、ギリシャ数字で一番最後の文字であり、「最終、究極」を表す言葉です。至高の時計を追い求めるオメガにはぴったりの言葉ですね。

オメガは1932年のロサンゼルスオリンピック以降、いくつかのオリンピックで活躍しています。選手の走った時間を計る「タイムキーパー」として採用されたのです。そのためにオメガは、テレビ画面にタイムを重ねて表示できるオメガスコープや、水泳選手が自分でストップボタンを押す立ち居パネルなど、様々な計測具を開発しました。

これ以降もオメガは様々な名機を世に送り出してきました。
防水機能を備えたダイバーズウォッチ「シーマスター」、月面に降り立った最初の腕時計「スピードマスター」などが代表シリーズです。

特にこのスピードマスターはASAで正式採用されたこともある有名なモデルです。
オメガスピードマスターのオーバーホール外装磨きは新潟万代ブローチ時計修理工房

1969年のアポロ11号による月面着陸の際に宇宙飛行士たちが身に着けていた時計こそこのスピードマスターです。この偉大な功績のため、世間的には「宇宙飛行士用の時計」であると思われがちですが、実は全く異なる意図から生まれた時計だったのです。
アポロが月面着陸する10年前、オメガはシーマスター300という最高性能の防水時計を開発しました。その派生モデルとして開発されました。このモデルは、レーシングカー用に耐衝撃性と視認性を重視した設計でした。そう、スピードマスターは本来「レーシングウオッチ」として生み出されたのです。

オメガコンステレーションのオーバーホール外装磨きは新潟万代ブローチ時計修理工房
上の写真はオメガのコンステレーションです。
こちらの時計も天文台の外部精度検定で合格し、「クロノメーター」として誕生したモデルです。そのため、裏蓋には天文台の刻印が彫られています。

そしてこちらはブローチにも置いてあるデ・ビルです。
新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 OMEGA DEVILLE アンティーク 555.003のオーバーホール
シーマスターの派生モデルとして生み出され、のちに独立したモデルになりました。デ・ビルは「悪魔」ではなく「街角」という意味です。

関連用語:シーマスター コンステレーション スピードマスター