BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > 用語集 > パッキン

パッキン


時計のケースと裏蓋の間などにはめ込み防水性を高めるもの

ゴムやプラスチックなどで出来ている。裏蓋自体に段がついていて、そこにはめ込むタイプもあります。当店では時計のオーバーホールをする際にこのパッキンを外して、パッキン自体に注油をしてから組み立てています。こうすることでパッキンの摩耗を防ぐことができます。

通常パッキンは4~5年を経過すると徐々に劣化していくとされています。
当店では、水入りによる時計の故障を防ぐためにも、4~5年以上ご使用されているお時計に関しパッキン交換を推奨しています。特殊な形状、素材でない限りその場で交換可能なのでお気軽にお申し付けください。

運営会社について

閉じる