BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ROLEX ロレックス > ROLEX(ロレックス)16622ヨットマスターロレジウムの分解掃除・修理受付【大田区蒲田の時計修理】

ROLEX(ロレックス)16622ヨットマスターロレジウムの分解掃除・修理受付【大田区蒲田の時計修理】

修理ブランドROLEX ロレックス

パーペチュアルから高級感あるスポーツモデルになったヨットマスター
ラグスポの存在を牽引するロレックスのラグジュアリースポーツのヨットマスターの分解掃除のご依頼です

ロレックスの海の時計と言われパッとイメージされるのがサブマリーナかもしれません。
ではマリンスポーツの時計は?と聞かれたらヨットマスターをイメージされる人が一気に増えるのではないでしょうか。

1992年に発表され初登場したヨットマスターはラグジュアリー×マリンスポーツのコンセプトを以って生み出されました。
コンセプトの「ラグジュアリー」に相応しく初登場のヨットマスターはケースとブレスレットがイエローゴールド仕立てで本当にゴージャスでした。

40mm、35mm、29mmの3展開行われ「ペアで着用できる時計」というテーマに沿ったサイズ展開がなされ注目されました。
1997年にはコンビカラーの展開で、1999年には「ロレジウム」をプラチナとステンレススチールを使用したケースでリリース。

今でこそ普及した「ラグジュアリースポーツ」というカテゴライズの先駆者的存在のモデルと言うこともでき、
オーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスと言ったラグスポモデルに並び、牽引していく存在になっていきます。


ヨットマスターが牽引するラグスポ”らしさ”とは
それまで薄型だったラグスポの根底を変えたかのようなヨットマスターの姿

ラグジュラリーとスポーツタイプを融合した時計がラグスポです、と言われても定義づけはなかなかに難しいところ。
それでもここまで「ラグジュアリースポーツ」という言葉が浸透したのもヨットマスターが一石を投じたおかげかもしれません。

はじまりと言われるのはオーデマピゲのロイヤルオーク、他にもパテックフィリップのノーチラス、
ランゲ&ゾーネのオデュッセウス、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズと数々の名だたるブランドが形作って行きました。

ここまでの時計の共通項としてみると薄く着用感が良くも衝撃への耐久性が高いこと、そして美しい外装であることが分かります。
ヨットマスターの初代モデルはというと厚みは約12.5mmとそれまでのラグスポの7~8mmに対して厚みが増しているように感じられます。

あくまでもドレスラインの最上位を意識した素材のイエローゴールドで製造されながらマリンスポーツを嗜む人へのデザイン性から、
実質的にラグジュアリースポーツと認識させられる存在として牽引されるようになったのではないでしょうか。

解釈の仕方によってはロレックスのラインの中からならデイトナや、ウブロのビッグバンもラグスポとしてカテゴライズされる、と言った記事もあります。
最近ではクロノグラフ搭載でケース厚15.5mmのロレアートや、ケース厚14.8mmのロイヤルオークオフショアと、スポーツに寄り添った機能を全面に出してきているようにも思えます。

私もまだまだ勉強不足で、ここら辺のラインを明確にするためにもアビエイターウォッチやダイバーズ、
モータースポーツ由来と言った時計を引き続き勉強して見定めていきたいと思います。


時計が止まってしまってもご安心下さい
文字盤の脇ベゼルの縁にROLEXの刻印やシリアル型番の記載があるヨットマスター

今回お持ち込み頂いたオーナー様は10以上前にしっかりした時計を持とうとこちらの時計を購入したと言います。
自分自身の立ち位置を振り返った時や何かしらの節目において時計を購入するということはとても良い選択肢と思います。

「時計は人生の時間そのもの」と言われるように自分自身の時を刻んでくれるパートナーとして寄り添ってくれます。
自分自身の価値ともいえる時計なのだから歴史があり実績があるような時計を選んで安心・信頼と共に手元に置いておきたいその気持ちには共感しかありません。

それほどに大切にしている時計ですがリモートワーク間に不動になってしまったとのことでした。
「時計が故障等で動かなくなるのはあまり縁起が良くないと聞いた」とのことで修理をご検討いただきこの度ご来店下さったそうです。

不動とのことですが少し巻いて動力を確保した後時計を持って時計の針を中心にくるくると振ってみると少しだけ針がピクリと動きます。
こういった挙動を示す時はヒゲゼンマイと呼ばれるパーツのトラブルの可能性が高いです。

ヒゲゼンマイのトラブルの可能性と、経年劣化による内部の油切れの改善のため
オーバーホールとトラブルパーツの交換をオーナー様にお伝えし、分解掃除・修理のご依頼を承りました。

私たちなら皆様の大切な時間を刻む時計をしっかりと本来の動きに戻してあげることが可能です。
お手持ちの時計が動かない・遅れてしまう、その他にも少しでも気になることがあれば一度お問合せ下さい。

相談のみでも歓迎しておりますので、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。
皆様のご来店、心よりお待ちしています。

分解掃除(オーバーホール) ¥38,500(税込)
ゼンマイ交換 ¥5,500(税込)

運営会社について

閉じる