BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > Chopard ショパール > ショパールのAlpine Eagle(アルパインイーグル)8600 コマ調整【台東区浅草の時計修理】

ショパールのAlpine Eagle(アルパインイーグル)8600 コマ調整【台東区浅草の時計修理】

修理ブランドChopard ショパール

時計からスタートしジュエリーと融合したショパール
美しいラグスポと言われるショパールの人気の腕時計時計アルパインイーグル

ショパールは1860年スイスのソンヴィエリという小さな村の時計工房からその歴史をスタートしました。
創設者はルイ-ユリス・ショパール、彼の懐中時計は高い精度を誇りスイス鉄道に認められ鉄道員が使用する時計の製造を任されるほどでした。

知名度は広がり東ヨーロッパ・ロシア・スカンジナビアの時計界隈へ知られるようになっていきます。
1921年に子息のポール-ルイ・ショパールがラ・ショー・ド・フォンに支店を設け、1937年にはジュネーブへと本拠を移し替え世界へと市場を広げていきました。

1963年になると3代目となるポール-アンドレ・ショパールは自身の子供たちが事業を受け継ぐ意思が無かった為に、受け継げる相手を探しました。
そうして出会ったのがカール・ショイフレ社。ドイツのフォルツハイムで時計と宝飾品の製造を行っていた会社だったのです。

カール・ショイフレ社が事業を受け継ぎ時計技術とジュエリー技術が合わさった高級感あるデザイン備えたジュエリーウォッチブランドとして成長していくことになります。
そして1979年に生み出されたのが盤面の周りにちりばめられた煌めく石が優雅に時間を彩る「ハッピーダイヤモンド」、ショパールの代名詞ともいえる名作でした。

ショパールの数々の美しいコレクション
力強いロゴの入ったアルパインイーグルのリューズ

ショパールの代表的コレクションは他にも盤面上2枚のサファイヤクリスタルに挟まれたダイヤモンドが眩き輝く「ハッピースポーツ」や、
世界で最も美しい1000Migliaのレースにインスパイアされて作られたと言う「ミッレミリア」が並びます。

他にも「インペリアーレ」「モナコヒストリック」「L.U.C」といったラインがありますが、
2019年に発表された「アルパインイーグル(アルプスの鷲の意)」が新たなる定番として一目脚光を浴びることとなりました。

元々は1980年に発表されている「サンモリッツ」をリデザインされて制作されたという説もありますが、
そのデザインを見比べると完全新作と言っても良いほどの衝撃で話題となりました。

2000年以降に徐々に普及し始めるラグジュアリースポーツの呼び名・カテゴリー、
アルパインイーグルはその特徴を抑え軽く幾分もの衝撃耐性を持ち、誰もが認めるほどの美しい外装をしていました。

すぐにアルパインイーグルはパテックフィリップのノーチラスやオーデマピゲのロイヤルオークと並びラグジュアリースポーツの時計として人気を得ることとなりますした。


ケースだけじゃない、ベルトも美しいアルパインイーグル
ネジを緩めることでコマをとることのできるアルパインイーグルのブレスレット

今回ご依頼いただいたのはアルパインイーグルのコマ調整です。
ショパールのアルパインイーグルはコマ一つ一つがスライドで外すことが出来、
普段はそのコマの中央にあるネジを締めることで固定されています。
一つ一つスライドで外すことが出来るアルパインイーグルのブレスレットのコマ

お持ちいただいたオーナー様は若干の緩さを気にされていたので、コマを1つ外して調整刷ることになりました。
ネジを少し緩めると一つのコマがスライド可能になりますが、そのまま元に戻そうとするとベルト全体をねじらないといけなくなり全体にダメージを与えてしまいます。
ブレスレットを捻じると負担がかかってしまうため2つのコマを外し両辺同時にスライドさせてもとに戻す

ベルトをねじらないためにも、2つのコマを外し番い役のコマを元に戻して調整完了となります。
もとに戻し、ネジを締めなおせば完了となります。
ケースだけではなくコマの連なりを見てもきれいで美しいその姿は美しさに特化したラグジュアリースポーツに相応しく思いました。
アルパインイーグルの分解掃除(オーバーホール)もブローチ時計修理工房へお任せください

先にも触れましたがアルパインイーグルは2019年に登場していますのでメンテナンスをそろそろ意識される人もいらっしゃるのではないでしょうか。
ブローチ時計修理工房なら時計の分解掃除(オーバーホール)や修理も受付しています。

時計のトラブルやご相談事などありましたら是非お気軽にお問合せ下さいませ。
皆さまのご来店・ご連絡心よりお待ちしています。

コマ調整¥550(税込)

運営会社について

閉じる