GaGa MILANO(ガガ ミラノ)のオーバーホール。

修理ブランドGaGa MILANO ガガミラノ

新潟でガガミラノ時計修理はブローチ時計修理工

手巻き時計のオーバーホールは新潟の時計修理工房ブローチへ

ガガ ミラノの手巻きスケルトンモデルで「時針と4時のインデックスが取れてしまったのだが、直りますか?」ということで持ち込まれました。

12時位置の手巻きリューズが特徴的なガガミラノ、ラグの形も独創的でとっても魅力のある外観です。時計の形がセクシーですよね!?そんなガガミラノですがブランドとしての歴史はそう古くは在りません、2004年の創業です。以来、時計をはじめバッグ、 ガガボール等、イタリアン ファッションを創りだしているブランドです。割と最近デビューのブランドの中では成功事例と呼べる実績を作っている時計ブランドなんですね!少し紹介します。

ミラノはイタリアの中で高級ブランド店が立ち並ぶファッション感度の高い街として有名です。そんな美意識の高い高感度な街で、GaGa (ガガー)は単なる格好よさだけでなく、遊び心を忘れないお洒落な男を意味する言葉としてミラノっ子が使うスラングです。要するに粋でお洒落なダンディズム男性のことをGaGa (ガガー)と呼ぶんですね。

このGaGa精神にインスピレーションを得て2004年、ミラノで誕生したのが「ガガミラノ」。懐中時計にベルトを通して腕時計にするという独創的な発想でデザインされています。特徴的なリューズはここから来ているんですね!デビュー以来豊富なカラーバリエーションと遊び心あふれる人気モデルが多数登場し、常に時計を着替える楽しさを届けてくれるブランドです。

公式Webを開くとサッカーブラジル代表のネイマール選手をアンバサダーにしているんですね!さすが人気の時計ブランドです。ネイマールはイタリアのチームで活躍しているんだったかな?さて?

針外れ修理はブローチ時計修理工へ新潟市紫竹山3丁目

オイルの状態(汚れ)が非常に悪かったので、ケースを開ける際に一緒にオーバーホールする事をおすすめしたところ了承して頂きました。

インデックスはともかく時針が外れたということは、ハカマが緩んでいる可能性があるのでハカマを締めなおしてセットします。

ハカマとは時計の針とムーヴメントの駆動部分を接合する針側に付いているパイプ状のパーツのことを言います。ハカマは少しでも緩いと針の位置がズレたりします。また今回の様に最悪は取れてしまいます。

オーバーホールなどのメンテナンスで針からハカマを取ったり付けたりしていれば次第に緩くなって来たりもします。しかし、今回は初のオーバーホールとの事ですので、初期の使用が甘かったか?強い衝撃で取れてしまたのか?なようです。

針修理は新潟市のブローチ時計修理工房へガガミラノも直せます

上の写真のような工具でハカマを締め直します。緩くなったハカマは締めなおして使うのですが締め直しが複数回になると割れてしまって使用不可能となります。その場合は真鍮のパーツを自分で切削してハカマを作り直さなければなりません。

(写真の工具は本来はヒゲダマを締める工具ですが針締めに利用する技術者は昔から多いのではないか?と思います。私もこの道具を使ってハカマ締めをしています。)

インデックスの取り付けは、各メーカー、種類によって異なるので(カシメや接着などの方法があります)それに合わせて作業します。ガガミラノの場合は接着でインデックスを留めているようでしたので今回は接着で作業しました。

(もう取れるなよ!と言い聞かせながら作業しました)

時計のオーバーホールはBROOCH時計修理工房へ新潟市紫竹山IC

これで完成です、無事元通りに針とインデックスをセットしました。オーバーホールもしましたので、これでい新品同様に元気になって戻って行けそうです。

オーバーホール料金        ¥27.000

時針・インデックス取り付け料金  ¥  0 (オーバーホールの場合は料金に含まれます。)