BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > OMEGA オメガ > OMEGA(オメガ)シーマスターアクアテラ2504.50 コーアクシャルのオーバーホール

OMEGA(オメガ)シーマスターアクアテラ2504.50 コーアクシャルのオーバーホール

修理ブランドOMEGA オメガ

シーマスターが誇る高い防水性と知名度
オメガシーマスター150 コーアクシャル2500 オーバーホールを受付しました

1848年より創業され時計を作り続けているオメガ、創業からちょうど100年経つ1948年にシーマスターは誕生いたしました。
元々はイギリス軍が戦時中にダイバーズウォッチとしてオメガに要請して製造されたのがシーマスターの始まりと言われています。

正式に市販としてのモデルが誕生したのは1948年になりある程度の防水機能を持ってのリリースでした。
1957年には本格ダイバーズウォッチとしての側面をよりしっかり作りこまれリリースされました。

その後も進化を続け、1970年代に改定油田調査でシーマスターが採用されダイバーたちの活動を支える計器としても活躍していました。
伝説的なジャ・マイヨール氏とのコラボレーションや合同企画もあり水の中で活躍できる時計として認知度が上がっていきました。
さらに映画「007」の中でジェームズ・ボンドが着用する時計として採用され近年では”ボンドウォッチ”として親しまれるシーマスターも有名ですね。

気になる性能コーアクシャル
オメガシーマスターコーアクシャル2500の内部機構

ペットネームのように言われるオメガシーマスターの「コーアクシャル」は、
コーアクシャル脱進機という時計の心臓部分につながる機構の事を指しています。

パーツの詳細名になるのですが「ガンギ車」「ガンギカナ」「アンクル」と言われる部品の数が多かったり、
一般的に2個の爪が3個あったり形状や部品数が他の時計と比較すると多くなっているのです。

利点としてパーツ一つにかかる摩擦が少なくなり摩耗しにくくなる(壊れにくい)機構になっています。
現在も改良が加えられ使われる素材によってさらなる耐久性を得たり耐磁性がより向上してきています。

タフなコーアクシャルもある程度の年数でメンテンナスしてください
ムーブメントの中、心臓部には他では見れない機構が入っている

今回ご依頼頂いたコーアクシャルは2012年頃にオーナー様がご自身でご購入されたそうです。
スマートな中に芯の通ったタフな性能が男心をくすぐる時計です。それもオメガの冠があるので一層魅力を感じます。

他の機械式時計よりもオーバーホール(メンテナンス)までの期間が長く使用できるのが特徴的なコーアクシャルのムーブメント、
ですがある程度の年数が経ったら時計屋さんに診てもらった方が絶対に良いです!

金属も経年劣化するのでリューズ周りや堅牢性の高いスクリューバックの裏蓋回りでさえ摩耗して僅かな隙間が生じている可能性があります。
もし水分の侵入が一定以上あるようになってくると、内部の機械にダメージを与え続けることになってしまいます。

メンテナンスまでの時期が長いと言われている時計も是非一度ブローチ時計修理工房まで重し頂きご相談下さい。
その他のメンテナンスや修理も受付しています。時計に関してのお困り事もお気軽にお問合せ下さい。

オーバーホール ¥33,000(税込)
外装磨き(ポリッシュ/新品仕上げ) ¥11,000(税込)

運営会社について

閉じる