ROLEX エクスプローラー 214270 のケース&ブレス ポリッシュ

修理ブランドROLEX ロレックス

「傷がけっこう付いてしまい、気になるので磨いてほしい。」

という依頼でした。

 

モデルは エクスプローラーⅠ Ref.214270 になります。

こちらの時計の特徴は何といっても”ケースの大きさ”ではないでしょうか。

前モデル(Ref.1142701)まで続いた”36mmケース”を廃止し、”39mmケース”まで大型化しました。

ダイヤルの基盤カラーは前モデルから比較すると、マット調になりカラートーンがわずか明るくなった印象を受けます。また、インデックスの「3・6・9」は「ブラックアウト」を彷彿とさせるメタルの剥き出しとなっていてとてもスタイリッシュです!

※ブラックアウト…Ref.14270 の初期だけに見られたレアダイアルのことです。

インデックスの夜光塗料は従来のスーパールミノバからクロマライトに変わり、発行色がグリーンからブルーに変わりました。それにより、発酵時間がなんと約8時間と大幅にアップしました!それにより、従来に比べて暗闇での視認性も向上しています。

また対磁性にも優れ、温度変化に強いブルーパラクロム・ヒゲゼンマイが採用され、高い耐久性と精度を実現。さらに耐震特許技術のパラフレックス・ショック・アブソーバが備わっている。上記の2つは共にロレックスの独自開発のものであり、外観だけでなくムーブメントも新調されています。

ブレスレット部分にも手が加えられ、前モデルでは中空だった中央のリンクパーツが無垢パーツに変更され堅牢感がアップしました。

バックルには容易に約5mmのの微調整が可能なエクステンション機能であるイージーリンクを備えるなど利便性、着用時の快適性や着脱時の操作性を向上させています。

 

発売当初は39mmのケースサイズに違和感を感じる人が多かったそうなのですが、視認性と着用感に優れた形状によってファンの数を増やしてきました。

今や前モデルに引けをとらないロレックススポーツモデルの主軸となっています!

 

 

 

↑Before

全体に傷があり、特にラグの部分に大きめの傷がありました。

深い傷はケース全体のフォルムが変わってしまうので完全に取る事はできませんが、

出来るだけキレイにしたいと思います。

↑After 

細かなキズ、汚れがキレイになり、スジもしっかり入れさせてもらいました。

クラスプラグの角にあった深めの傷も目立たなくなったと思います。

 

ロレックスのスポーツモデルを代表する大変人気のある時計であり、多くの人が所持している時計だからこそ、誰よりもキレイに使い続けることがその時計の個性になるのではないのでしょうか。好きな時計はいつでも良い状態で身に着けたいですよね。

いつでもお客様のニーズにお応えします!ぜひ当店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ケース&ブレス ポリッシュ料金   ¥10.000