BREITLING-ブライトリング-のオーバーホールの依頼です。

修理ブランドOMEGA オメガ

BREITLING-ブライトリング-オーバーホール(分解掃除)ロゴ付け直し 修理

ブライトリングのオーバーホールの依頼です。

「10年前に購入し、5年前にオーバーホールしたが止まってしまった。最近ブランドロゴが取れてしまったのでオーバーホールして付け直してほしい。」とのことでお預かりしました。

ブライトリングのオーバーホールなら新潟市にある時計修理工房まで!

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツごとに分解して洗浄してから組み立て直すことを言います。部品を洗浄することで、部品同士がこすれあうことで発生した金属の粉や古くなった油などを落とすことができます。

オーバーホールをご依頼いただいた時計は定期的にオーバーホールがされているものなので目立った汚れや部品の摩耗はありませんでした。機械式時計のオーバーホールは4~5年周期で行うのがよいとされます。特に最初のオーバーホールの直前は一番汚れが蓄積されています。これは作られたばかりの部品の余分な部分が自然に削れて出てくる汚れなのです。

また、時計の油は蒸発しにくいような成分でできていますがそれでも永久に使えるわけではありません。徐々に乾燥してきてしまいます。この状態を油切れと呼びます。油が切れた状態で無理に機械を動かすと歯車に負担がかかり、最悪の場合歯が欠けてしまいます。もし時計の油が切れていれば、時間を合わせるために針を回した時の感触が堅く感じるはずです。少しでも異常を感じた際はすぐに当店までお持ちください。

インデックス接着も修理可能!

今回はオーバーホールが終わった後、文字盤のブランドロゴの付け直しもやりました。もし、文字盤の数字やロゴが取れてしまったときはすぐにリューズを引いて針を止め、着用せずに当店までお持ちください。これは取れたインデックスやロゴが引きずられて文字盤を傷つけてしまう恐れがあるからです。

輝きを取り戻す、ポリッシュ加工

今回はしませんでしたが当店ではオーバーホールと同時進行でポリッシュ加工を施すことができます。ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで長年の使用で傷だらけになった時計でも表面の細かい傷が消え光沢が出て美しい状態になります。

研磨にはバフモーターという機材を使います。ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

こちらがバフモーターです。専用の研磨剤をつけて表面を磨いていきます。研磨剤は荒いものから順に使用していき、徐々に細かいものに変えていきます。そうすることで滑らかな表面が出せます。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

当店では、オーバーホール、外装磨き、ベルト交換、ベルトの長さ調整(穴あけなど)、磁気抜き、水入り(ガラスの水滴)の除去・乾燥などの各種修理も承っております。また、破損した部品のお取り寄せして交換させていただくことも可能です。
ご使用の時計に何かありましたら新潟市紫竹山のbrooch(ブローチ)時計修理工房へお越しください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール ¥29,700(税込)