BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > SKAGEN(スカーゲン)腕時計の電池交換はブローチ時計修理工房へ!

SKAGEN(スカーゲン)腕時計の電池交換はブローチ時計修理工房へ!

修理ブランド

SKAGEN(スカーゲン)腕時計の電池交換

スカーゲン・デンマークSkagen Denmark )は、アメリカ合衆国時計やジュエリーなどのブランドです!
スカーゲン腕時計の魅力は、軽量で極薄ながらも、余計なものの一切を省いた機能性を重視しながらミニマルなデザインが美しいフォルムを創り出しているところであり、また比較的購入しやすいプライスに抑えられているのは嬉しいですね!
スカーゲンのデザインの基礎となっている北欧デザインの誕生は、長く暗い冬を越すために、明確で快適な室内生活レベルの向上を目指さなければならなくなりました...この様な制限された生活の中に快適な生活とは何か?ということが基本的なコンセプトとして、北欧デザインが誕生するに至りました!必要最低限の機能性の中にもデザイン性を重視し、実用的で効率的なデザインを追求したのが北欧デザインです。

スカーゲンの腕時計の修理はブローチ時計修理工房へ!ブローチ時計修理工房へ!

さて!今回のSKAGEN(スカーゲン)腕時計の電池交換のご依頼は、2年くらい前に購入された時計とのこと。
電池が切れて止まってしまってから半年経過されており、また身に着けたいと思いご来店されました。数ある時計修理店の中から当店を選んでいただきありがとうございます!また、電池は止まってから1ヵ月以上電池切れの状態で時計内部で放置してしまうと、電池から液漏れ(漏液)をしてしまうことがあります!液漏れ(漏液)は電池の破裂を防ぐために故意に作られた構造です。液漏れ(漏液)がひどい場合は、オーバーホールをすることになります。ちなみに、電池の平均寿命はクォーツ式時計2~3年です!
SKAGEN(スカーゲン)腕時計の電池交換の料金は、1100円(税込)で承りました。今回パッキン交換は行いませんでしたが、電池交換の際は、パッキン交換をオススメしております!時計の裏蓋に通常パッキンというシリコン樹脂パーツが付いており、時計内部に汗や水などが入らないように防ぐ役割をしています。時計の裏蓋を一度開けてしまうと、パッキンは元の形には戻らないため、防水効果が低下してしまいます!大切な時計を長く愛用していただくためにもご一緒にいかがですか??
では、オーバーホールを行う理想の年数もお話させていただきます!

オーバーホール行う理想の年数とは?

オーバーホールは、クォーツ時計の場合だと7~8年に一度行うのが理想的で、機械式時計のオーバーホールは一般的に3~5年に一度一度行うのが理想的といわれています!もし、お持ちの時計がオーバーホールを行う理想の年数にあてはまっていたら、ぜひ当店へお越しください!

ブローチ時計修理工房では、電池交換やパッキン交換、オーバーホールの他にも様々な時計修理を承っています!
大切な時計修理はブローチ時計修理工房へお持ちください!お待ちしております!

電池交換¥1,100(税込)
¥0(税込)
閉じる