BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > CORUM (コルム) > CORUM (コルム) Admiral’s Cup (アドミラルズカップ) 9981031V552電池交換承りました

CORUM (コルム) Admiral’s Cup (アドミラルズカップ) 9981031V552電池交換承りました

修理ブランドCORUM (コルム)

今回紹介するのはCORUM (コルム) Admiral’s Cup (アドミラルズカップ) 9981031V552の電池交換です。

CORUM (コルム)とは

コルム社はルネ・バンヴァルトにより1955年に時計製造の聖地であるスイスのラ・ショー・ド・フォンに設立。CORUMとは、「議会で議決をとる為の絶対多数」という意味を持つラテン語の「Quorum」という言葉に由来し、これは世の中に支持されるブランドになりたいという強い思いが込められています。また、ブランドのエンブレムとなっている空を指す鍵は、新たな扉を開ける「革新」を象徴しています

モデル名の由来

外洋ヨットレースの世界最高峰だった“アドミラルズカップ”に由来して名付けられ、1960年に発表した初代モデルから続くロングセラーコレクションです。現在はアドミラルという名称で呼ばれています。当時では珍しい防水性能を備えたスクエアケースのモデルは一世を風靡しました。その後、1983年にヨットの世界観を投影した大胆なデザインに一新。船のナット型を模した 12 角形ケースに、船間で交信する際に使う国際海洋信号旗をそのままモチーフにしたカラフルなインデックスを組み合わせるなど、個性的なデザインが特徴的なモデルが誕生しました。
CORUM (コルム) Admiral's Cup (アドミラルズカップ) の電池交換

電池交換を進めて行きます。

12角形ベゼルというとてもユニークな形で目を惹きます!サイドにもネジ止めされておりここを外していくのかなと思いましたが、裏蓋をよーく見るとこじ開けタイプでした。

CORUM (コルム) Admiral's Cup (アドミラルズカップ) の電池交換
中はこのようになっていました。電池を新しいものに交換し、これで動くか動作確認をします。無事に動きましたので、裏蓋を閉めて、時刻を合わせて完了です!

CORUM (コルム) の腕時計修理はBROOCH時計修理工房へお任せください
BROOCH時計修理工房 神田店の外観

ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談ください。

電池交換 ¥2,200(税込)
パッキン交換 ¥550(税込)

運営会社について

閉じる