スタッフブログ

新たな価値観の提案 キングセイコー

キングセイコー】は高級腕時計としての性能と先進的なデザイン、そして適正な価格の共存を実現し、高級腕時計としての新たな在り方を提示し、【グランドセイコー】とともにその後の国産機械式腕時計の進化を牽引しました。

アンティーク時計市場で不動の人気キングセイコー

亀戸工場で作られたキングセイコーの初期型時計

キングの名前の通りグランドセイコーと並んでアンティーク市場で人気の商品です。現代でもきわめて高い精度を維持するセイコー屈指の名作です。時計ファンから熱烈な支持を集めており、その人気は生産終了から約50年が経過しようとしてもなお健在です。

1961年に誕生したキングセイコーのファーストモデル

亀戸工場で作られたキングセイコーの初期型時計

初期型のキングセイコーは、「クロノス」に使用されていた薄型高性能の手巻きキャリバー54Aの改良版が搭載され、香箱上下の軸受けにも穴石を使った25石です。シンプルなスムースベゼルに薄型のケースが、上品でクラシックな雰囲気を演出しています。面取りされた細身のラグにビンテージ感が漂うステンレスベルトは、今の時計にはない美しい設計です。アンティークのキングセイコーが人気の理由がわかります。

キングセイコーやオメガのアンティークはBROOCHへ

キングセイコーやオメガ、ボーム&メルシエは人気のアンティーク時計です。

BROOCH宝石時計修理工房の蒲田店には、オメガやセイコーを中心にロレックスやハミルトンなどのオシャレなアンティーク時計を取り揃えております。

オメガスピードマスタープロフェッショナルNASA公式時計となり始めて「プロフェッショナル」の銘が印字された4thモデル
オメガスピードマスターと言うと「クロノグラフウォッチの代表格」「月面着陸に携行された強いエピソード」「厳しい規定をクリアしている優秀な機械式腕時計」など様々な特徴が浮かび上がってきます。
今回は知っているけど深堀出来ていなかったり、そんな観点から見ることもできるな…と言った見方でスピードマスターを観測してみたいと思います。

失敗さえ成功に変えてしまうスピードマスター
当時のステンレスベルトはひとつひとつのコマが平たいキャタピラータイプで今でも注目されるレアなブレスレットになっている

スピードマスターがNASA公式時計に採用されたのが1965年、オメガ含む3つのブランドの時計が候補に挙がるもテストに耐え抜いたのがスピードマスターだけだったという一説があります。
テストを耐え抜いたスピードマスターはプロフェッショナルと銘打たれ、1969年7月20日にアポロ11号に乗船したバズ・オルドリン氏の腕に着用され月面着陸を成し遂げました。

その功績から「ムーンウォッチ」と呼び親しまれ、最近でもスウォッチがオメガとコラボレーションし、
スピードマスターのデザインを取り入れた時計に「ムーン・スウォッチ」と名付け発売されたのも有名ですね。

1969年11月14日にはアポロ12号が人類史上2回目の月面着陸を果たし、翌年1970年4月にはアポロ13号の打ち上げが決まりスピードマスターが携行されることとなりました。
しかし、アポロ13号は酸素タンクが爆発するという事故に見舞われ月面着陸を果たすことなく地球への帰還を余儀なくされます。
内部機構も美しくも正確な計測を可能にしているスピードマスター4thの内部機構

爆発の際に一部計器が使用不能に陥り地球へ戻る為に必要な正確な軌道帰路に乗る為に必要だったのが月の裏側を回った後に行う14秒のエンジン噴出。
その14秒と言う正確な時間を計測に使用されたのが携行されたオメガスピードマスターに備わっていたクロノグラフ機能でした。

アポロ13号の一連のストーリーは史実ながらもトム・ハンクスやゲイリー・シニーズ主演で映画になっていてスピードマスターを宇宙服の上から着用される様子もしっかり描写されています。
事故を起こすもリカバリーから生還に結び付けた功績から「成功した失敗」と揶揄されるアポロ13号の事故、月の周りを飛ぶなか地球から約43万キロ離れた有人飛行の記録は2022年11月29日宇宙船「オリオン」が塗り替えるまで破られませんでした。

多機能で精度もトップクラスのオメガの時計
スピードマスター40周年記念のモデル「マーク40 コスモス」クロノグラフに加えトリプルカレンダーを一つの時計内に成立させている

その後も進化遂げるスピードマスター、個人的にも注目したいのは実用性を備えたモデルの登場でデイト機能搭載やトリプルカレンダー搭載のモデルが出ている所も魅力の一つ。
オメガのキャリバーの進化は多機能を搭載した複雑機構であるにも関わらず40時間以上のパワーリザーブも備えているところで、さらには厳しい規定もクリアする正確な時計であり続けている部分でもあります。

スイスは19世紀中頃から世界トップの時計産業国になっていてとくにジュラ渓谷に沿ったジュネーブとヌーシャテルの両州は
時計に関してのワークマンシップソサエティを組織して技術の継承と技術者の育成に力を入れることとなります。
それに伴い天文台で行われる時計の精度のコンクールを実施していました。ヌーシャテル天文台では1860年に初めてクロノメーター検定という時計のムーブメント精度規格を発足しました。
オメガコンステレーションの裏蓋は天文台コンクールで数々の規定をクリアし記録した証でもある

腕時計がクロノメーター検定に参加するようになったのは1941年からのことで、以前から行われているジュネーブ天文台コンクールで入賞オメガも当初から参加し、時計の精度や耐久性の追求を行っていきます。
オメガが残す実績は天文台コンクールで数々の入賞を果たし、1932年からオリンピック公式計時を務め、クロノメーター認定を受ける時計の生産、
NASA公式で月面着陸を果たした後もコーアクシャル脱進機の開発により耐久性を向上させていく、常に困難と向かい合いながらも功績と結果を残し実力を示し続けているそんなブランドの姿勢も愛されるポイントではないでしょうか。


今回最後のスピードマスター着目ポイントは裏蓋の刻印
海神ポセイドンの馬車の役割をしていたというシーホースはタフで力強い意味合いの一方、竜の落とし子として幸運の象徴ともとれる

元々シーマスターのクロノグラフ搭載版として進化したと言われるスピードマスター、実際に裏蓋にはシーマスターのアイデンティティであった「シーホース」の刻印が刻まれています。
ギリシャ神話のシーホースは海神ポセイドンの馬車を曳く存在、そのまま漢字になおすと海馬となり日本では「竜の落とし子」の事になります。

竜の落とし子は日本でも神話や昔話の中に登場する竜が天より産み落とした子、という伝承もあるくらい神秘的な生き物です。
オスのお腹にはカンガルーのような育児嚢(いくじのう)という袋があって、メスはその中に卵を産み落とすため、オスが卵から稚魚になるまで育児嚢の中で子供を保護し出産するそうです。
「家族愛」「恋愛運」「出世」「成功」「金運」「幸運」と縁起の良い意味合いの多い竜の落とし子が裏蓋に刻印されていると思うと不思議と優しく安心する子持ちになれますよね

また泳ぐときには頭を水面に向けた状態で上昇するように泳ぐ為に上り竜に見立てられることもあったりします。
そんな生態からか世界的にも幸せのシンボルとされているようで、「家族愛」「恋愛運」「出世」「成功」「金運」「幸運」と縁起が良いとされています。

どうでしょうか、仕事で自身のポジションが変わるタイミングだったり、人生のパートナーと結ばれる時、そして新しい家族を迎えるとき、
そんな人生の節目と言えるようなタイミングでスピードマスターが手元にあると心強く頑張ろう、大切な家族を守っていこうという気持ちになれると思いませんか。

ブローチ時計修理工房ではスピードマスターやシーマスターと言ったオメガを代表する時計のアンティーク/ヴィンテージ品の販売も行っています。
今回の記事を見て気になった人は是非【こちらのアンティークウォッチのページ】や店頭にも置いてあるので実際に見に来ていただけると嬉しいです。

もちろん既にオメガの時計をお持ちの人も、メンテナンスや修理を受け付けています。
時間と共に思い出も刻まれていく時計、長く同じ時を過ごすほどに愛着も深くなっていきますよね。
そんな思いを継承できる時計のこと、是非ブローチ時計修理工房へお任せください。お問合せからお気軽にどうぞ、お待ちしています。

こんにちは!ブローチ時計修理工房蒲田店です。本日は蒲田店にて販売中のボームアンドメルシエキャットウォークについてご紹介致します。 

ボーム&メルシエ キャットウォークブローチ時計修理工房蒲田店

ボームアンドメルシエ


ボームアンドメルシエの歴史は古くなんと創業は1800年代まで遡ります。

1830年創業以来会社は一度も断絶せず継続し、現在世界で6番目の古参ブランドです。日本で1830年と言えば江戸時代後期から明治に掛けての頃です。約200年近くも前から時計を造り続け、今現在に至るのはお客様からの確かな信用と支持があったからに他ならないと思います。

ボーム&メルシエは、スイスのジュラで時計の下請をしていたボーム家のボーム兄弟に始まる。ボーム兄弟社はルイ=ヴィクトール・ボームとピエール=ジョセフ・セレスタン・ボーム兄弟の商才と優れた製造管理により、じきに大きな会社に発展した。「何も見のがさない。最も優れた品質の時計だけを作る」「完璧なものしか認めない。最高品質の時計しか製造しない」というモットーに忠実に経営を続けた【公式サイト】

ボーム&メルシエ キャットウォーク

キャットウォーク


ボーム&メルシエ キャットウォーク SS レディース QZ クォーツ 腕時計 MV045219。

現在蒲田店にて店頭販売しています。ケースとベルトが一体型の時計で幅は21㎜。SSベルトは鏡面仕上げのとてもゴージャスな1品です。腕に装着した時の豪華なブレスレット感は他の時計には無い特徴です。文字盤はスクエア型の黒文字盤を使用。12時のダイヤルにはボームアンドメルシエのロ ゴ「ファイ」のマークΦが入っています。ポイントダイヤルと3時6時9時にはローマ数字を採用。針はドルフィン針を採用しています。ダイヤルと針、そしてケースベルトがシルバーであり文字盤は黒と下地が黒の上にシルバーを採用している為、視認性にも優れています。女性の手首をより輝かせてくれる、ちょっとした外出やパーティーシーンに最高なドレスウォッチです。誕生日やクリスマスプレゼントに是非いかがでしょうか?

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。ロレックスオメガ、等の舶来時計も大歓迎!また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

BROOCH蒲田店おすすめ Vintage OMEGA DeVille カットガラス

OMEGA Deville02

デビルが誕生したのは1960年。原型になったモデルはオメガ・シーマスターです。名前も当初は「シーマスターデビル」でした。初期のモデルには文字盤にもシーマスターとだけ記載されていました。「デビル」という名前の由来ですが、正しくは「デヴィル」という呼び名で、フランス語の「都会」を意味する「de ville」から来ています。本来の名前の意味「de ville=都会的な」を知れば、デヴィルのエレガントで時代性を意識したなデザインがご理解頂けると思います。

Vintage OMEGA DeVille カットガラス デザイン

OMEGA Deville01

カットガラスとは主に1950~60年代を中心に製造された風防内に多面カットのガラス加工を施したデザインを指します。オメガだけでなくロレックス、ハミルトン、などのレディースウォッチにも共通したデザインが見られ当時を代表するデザインの一つに挙げられます。

Vintage OMEGA DeVille カットガラス魅力

OMEGA Deville03

魅力あふれるカットガラス仕様のオメガ デビル。内側に施された多面カットにより、ダイヤモンドがセッティングされたジュエリーのような魅力的な商品です。

BROOCH時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

ヴァシュロンコンスタンタンの始まり
1755年から創業しているヴァシュロンコンスタンタンは世界最古の時計ブランドと言われる

ヴァシュロンコンスタンタンは1755年に創業された現在存在している時計屋さんの中でもとても古い時代から存在しています。
当時24歳だったジャン=マルク・ヴァシュロンが創業、見習い職人との雇用契約がきっかけになっていることでその契約書がヴァシュロンコンスタンタンの誕生証明書ともいわれています。

現在の機械式腕時計の原型ともいえる「ヒゲゼンマイ付きてんぷ」をクリスチャン・ホイヘンスが1675年に発明。
クリスチャン・ホイヘンスはそれ以前にイタリアのガリレオ・ガリレイの「振り子の等時性」を元に振り子時計を発明した功績もあり機械式時計の父と呼ばれる存在でもあります。

そして機械式時計の進歩を200年早めたと言われる天才時計師アブライアン‐ルイ・ブレゲが1700年代に活躍をはじめ、
1775年にフランスはパリ、シテ島のケ・ド・ロルロージュに時計工房を設立し「ブレゲ」の歴史が始まったとされています。

ヴァシュロンコンスタンタンがブレゲが時計工房を持つ前に創業していたと考えると歴史の深さを実感してしまいますよね。


ホントは世界最古とは言えない?
ヴァシュロンコンスタンタンのロゴ「マルタ十字」部品の一部の形状を捉え1880年頃に商標登録された

実は世界最古の時計ブランドはヴァシュロンコンスタンタンだけではなく「ブランパン」も”世界最古の時計ブランド”を名乗っています
ブランパンがスイス・ジュラ地方の村「ヴィルレ」に時計製造の工房を構えたのが1735年のことだったというので確かにヴァシュロンコンスタンタンより20年早く創業しています。

300年近く経過している現在からみると誤差のようにも思えますが、現在(2022年)の20年前にはスマホは存在しておらずブラウン管テレビが家庭にあるのが当たり前の時代だったことを考えると中々重みのある年数です。
実は時計の業界そのものに視野を広げると1969年に登場した量産し一般販売できるようになったクォーツ式腕時計が引き起こしたクォーツショックの打撃を受け休業状態に追い込まれます。

1983年頃から再出発を果たしますブランパンですが、一方のヴァシュロンコンスタンタンはクォーツショックやニクソンショック、オイルショックと言った障害になるうる情勢の中でも経営を断絶することはありませんでした。
そんな経緯からヴァシュロン・コンスタンタンは一度も途切れることなく現在まで続く時計やさん、とするのが正確な表現と言えるようです。

「バセロンコンスタンチン」からヴァシュロンコンスタンタンへ
ヴァシュロンコンスタンタンの時計にはジュネーブの高級時計製造技術の象徴となっているジュネーブシールが刻まれている

もともと日本ではバセロンコンスタンチンという表記・呼び方でなじみのあったブランドでしたが1996年に現リシュモングループに入るとヴァシュロンコンスタンタンへの呼び名へと変わっていきました。
現行の時計を見るとエレガントで装飾やデザイン性の高い時計を多くリリースしているヴァシュロンコンスタンタン、三大時計と言われる所以は老舗というだけではなくデザイン性の高い時計、複雑機構に取り組むチャレンジ精神を貫いている姿勢にあるのかもしれません。

ヴァシュロンコンスタンタンの時計2本のご紹介
ヴァシュロンコンスタンタンの時計「ヴァシュロンコンスタンタン マルタ ラージカレンダー」デイトが大きく特徴的、デザイン性と厳格な雰囲気を備えカッコよさに昇華されている

ヴァシュロンコンスタンタン マルタ ラージカレンダー 42015/000G-8903
ラージカレンダーが特徴的な1本、ブラック文字盤に大き目のアラビア数字インデックスが厳格ながらも芸術的なデザイン性を印象付けるカッコいい時計。
背面裏スケの中にはゴールドとシルバーのコンビが美しく組まれた内部機械は見る者を虜にすること間違いなさそうです。
ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ スモールモデル ベゼルダイヤ、煌びやかな装飾もデザインはスポーティになっているため幅広く様々なシーンに楽しんで着用できる

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ スモールモデル ベゼルダイヤ
ラグジュアリースポーツを感じるフェイスはダイヤベゼルで彩られより特別感を演出している1本です。
ケース径37mmの大きさはユニセックスで幅広く様々なシーンでご着用いただける時計になっています。

ご紹介したこちらの2本の時計はお客様よりベルトの長さ調節等のご依頼でお持ちいただいた時計です。
少しお話をお聞きすると、色々な時計にアンテナを張っていてご夫婦で時計のある生活を楽しんでいらっしゃるのが伝わりました。

古代から暦と密接な関係にあり全世界の人の基準を示す時計は
同じ時代や歴史を越えて人と人との繋がりを時間を通して実感できるものなのかもしれません。

是非皆様も色々な時計を見て自分のお気に入りの時計を探すところから初めて見てくださいね。
私たちブローチ時計修理工房もアンティークウォッチを中心に時計を取り扱っています。

こちらの【アンティークウォッチのページ】や、店頭に置いている入荷したばかりの時計も置いてあります。
皆様のお気に入りになる素敵な時計探しのお手伝いがきっとできると思うので、お気軽にお問合せ下さい。

閉じる