アジャストスクリューadjust screw

アジャストスクリューadjust screw

テン輪(時計の心臓部であるてん付)の外周に取り付けてあり、精度を調整するためのネジ。外側に出すと時間は遅れ、内側に入れると進む。

このネジが使われているものは少ない。

通常の時計は緩急針によって時間の遅れ進みを調整するが、アジャストスクリューで調節をする時計も存在する。主にロレックスに見られる。

上の写真は、ROLEX Cal 3135のテンプに付いているアジャストスクリュー。

このネジを画面上方向に回すとネジが内側に移動、テンプの重心も内側に移動するため

時間が進み、画面下方向に回すとネジが外側に移動、テンプの重心も外側に移動

するため時間を遅れに調整する事ができます。