BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > 用語集 > リューズカバー(Crown cover)

リューズカバー(Crown cover)

本来むきだしのリューズの上にカバーをつける機構

ねじ巻き式のものや、回転させ開けるとリューズが顔を出し調整する事が可能となります。リューズと本体をつなぐマキシンはとても細く、リューズを何かにぶつけたりすれば折れてしまう危険性もあります。しかしこのカバーがあれば安心です。

新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 カルティエref2324のオーバーホール&ポリッシュ

こちらはカルティエのパシャです。ねじ込み式のリューズカバーが本体に鎖でつながれています。
カルティエのパシャはコマ調整を行った修理事例もございますので、以下のリンクから是非ご覧ください。

カルティエ(Cartier)パシャ の修理はブローチ時計修理工房神田店へ

カルティエ(Cartier)パシャ のコマ調整

運営会社について

閉じる