HUBLOTウブロ

HUBLOTウブロ

HUBLOT(ウブロ)はスイスの高級時計メーカーです。ブランド名の由来はフランス語の「舷窓」。ベゼルデザインは船の窓をモチーフにしています。
異素材との融合(フュージョン)を掲げて発表されたビックバンを大ヒットさせて人気時計ブランドの仲間入りを果たしました。

ウブロ ケースポリッシュ(外装磨き)は新潟市ブローチ時計修理工房におまかせください!

素材

ウブロは異なる素材を融合させたデザインを作り出すことに長けており、金とラバーを融合させた外装など、かなり大胆なモデルを多く生産しています。

ウブロの歴史

時は1979年、スイス在住のカルロ・クロッコ氏によって時計メーカー「ウブロ」が設立されました。
この頃は日本製のクオーツ時計が流通していたため、スイスの時計メーカーたちはとても困っていました。しかし、クロッコ氏はこれに対抗するべく、秘策を練っていました。

その、日本に対抗する秘策とは、ラバーベルトを用いた腕時計です。その当時、スイスの時計業界ではラバーベルトはタブーとされており、ウブロは他のメーカーから猛烈な批判を浴び、「スイスの異端児」などと呼ばれてしまします。

しかし、それでもクロッコ氏はくじけません。自分の故郷であるイタリアに時計を持ち帰り、ファッションブランドや展示会に通い、宣伝を続けました。そして、ついにウブロの個性的なデザインがイタリアのファッション業界から認められます。これはクロッコ氏の努力のたまものと言えるでしょう。

イタリアでは認められたウブロでしたが、新たな問題に直面します。ラバーベルトが切断できないタイプであったがために、店に置いてある複数のベルトからサイズの合うものを選ぶ必要がありました。そのため、バリエーションが少なかったのです。さらに、クオーツ時計をメインで販売していましたが、海外での受けがよくなく、あまり売れませんでした。

そこで、経営難を脱するために、ウブロは新しいCEOとしてジャン=クロード・ビバー氏を迎えました。就任後のビバー氏は企業のテーマとして「フュージョン」を掲げました。そしてついに、「ビックバン」が生まれました。

金とゴムの組み合わせて「フュージョン」させたことで、ひと際異彩を放ち、大ヒットしました。さらに、発売した年には、「ベストデザインオブザイヤー」まで受賞しました。ウブロを経営難の原因の一つであるラバーベルトが今度はウブロの経営難を救い、一流のメーカーまで押し上たのです。

関連修理事例:HUBLOT-ウブロ-オーバーホールの修理