新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > 耐震装置

耐震装置

耐震装置とは

「ブロック」「穴石」「受石」「バネ」を組み合わせたものでテンプなどのホゾを受けています。固定されていないので、衝撃をうけた時、力が逃げホゾが折れにくい様にするための装置です。

テンプの軸になる天真は他の真よりも細く、とても折れやすい部品です。昔の時計はこの耐震装置を搭載していなかったため、衝撃を受けるとかなりの確率で天真が折れてしまい止まってしまったそうです

 

 

耐震装置の仕組み

天真を受けている受け石がばねで固定されているため、衝撃が来た時にこのばねがたわんでショックを吸収してくれます。また、穴石にもばねがついているものは横からの衝撃を逃がしてくれます。

 

関連修理事例:フランクミューラー(Franck Muller) 修理 オーバーホール

閉じる