アンティーク ロレックス カメレオンのオーバーホール。

修理ブランドROLEX ロレックス

ロレックス カメレオン キャリバー282のオーバーホール依頼です。Rolex chameleon Cal282

Rolex chameleon ロレックスカメレオン修理メンテナンス分解掃除オーバーホールは新潟のブローチへ

ロレックス・カメレオンは、1950年代~60年代にかけられてつくられたロレックスの女性用腕時計です。製造期間がわずかに20年弱だった為、非常に希少なアンティーク時計です。

時計本体のサイズも15㎜と小型でとても小さくて可愛いい女性用の時計です。現在はそのデザイン性の高さと希少性で時計好きのみならず多くのファッション感度の高い女性から人気を集めています。
カメレオンはその名の通りにベルトを自在に着せ替え可能で、スタイルに合わせてイメージ変更できるのです。時計本体の裏蓋にバンドを通すための小さな空間があって、その隙間にブレスレット、ベルトなどをスライドさせることでバンドが簡単に交換できるようになっています。

その日の気分で簡単にベルト交換ができるというわけです。レッドやブラウン、ホワイトなどお好きな色のバンドに簡単に交換が可能です。中にはゴールドやホワイトゴールドのブレスレットもあります。時計本体が金無垢なのでとってもゴージャスな印象にも変化できるのです。

お預かりした時計は黒いわに革で大人ぽい印象でした。

まさに爬虫類のカメレオンのようにいろいろな色に変化することからこの名前がつけられました。

女優の松嶋菜々子さんがドラマで着用して人気が加速し、今では多くの著名人や芸能人にも人気の腕時計なのです。

Rolexchameleonロレックスカメレオンの修理オーバーホールは新潟のブローチ時計修理工

使用するムーヴメントはロレックスのキャリバー282、手巻きの機械です。リューズ迄入れた直径が16mmしかなく小指の上にすべてが乗っかるような小ささです。

今までオーバーホールしたことのあるカメレオンはキャリバー1400系のみでしたが、今回初めてcal282を目にしました。キャリバー1400の前身にあたるムーブメントと考えられますので希少です。でも女性で希少なムーヴメントだからと時計を選ぶ方は稀なので偶然ですかね?

こちらのキャリバー282は手巻き、手巻き用のリューズを巻き上げると独特の感触が指先に伝わってきます。使用者ご自身で時計に命を吹き込む手巻きはミニマムでデジタルな現代において本当に腕時計の醍醐味ですね!
ちなみにこのムーヴメントは1950年代の手巻きでは高精度の18000振動を誇ります。18000振動という事は、1秒間を5回テンプが往復する仕組み。その際に添付を動かす雁木車がムーヴメント内部で動くのカチカチカチカチという音がとても心地よい品物です。ムーヴをケースに収めてしまうと使用中は秒針が無いので時計が動くところは見る事が出来ないのが残念です。

アンティーク時計は全てのパーツが今から50年や60年前の品物です。少しの不具合でもパーツが生産していなかったり、余りにも古いと駆動原理を理解して修理メンテナンスするのに思わぬ納期が買ってしまう事もあります。こうしたデリケートな面を持っているのがアンティーク時計なのです。

こまめにメンテナンスして長くお手元でお使いいただけるようにブローチ時計修理工房では精一杯対応させていただきます。

Rolex Chameleon Cal282

オーバーホール料金     ¥28.000