オメガ シーマスター プロフェッショナル  のケース&ブレス ポリッシュとブレス修理

修理ブランドOMEGA オメガ

オメガ、シーマスター、プロフェッショナル「ブレスのピンが抜けて失くしてしまったがなおせますか?あと、クラスプのボタンが片方きいていないようだが直りますか?」と持ち込まれました。

早速、腕時計専用工具のバネ棒突きで他のピンもチェックしてみると一か所だけスルッと抜けてしまう所がありました。こんなに簡単にピンが抜けてきてしまっては安心して装着できません。

オメガシーマスターのベルト修理はブローチ新潟へ

調べてみると、ピン・パイプ共に摩耗がひどくこの場所は修理では対応できないためパーツ交換になりました。

オメガシーマスターのブレスレット修理は新潟市のブローチへ

写真の上側が新品。下が摩耗したピンとパイプです。オメガシーマスターはプロ仕様のダイバーズウォッチです。ブレスレットも堅牢な作りで、写真のように5連ブレスの中パーツ2本にパイプがそれぞれはまるようになっています。しかし長年の使用でパイプは千切れ掛けていますね、この部分は基本的に稼働しない様に成っているのですが、何らかの原因で動く度に擦れるようになってしまっていたのでしょうか?

クラスプを調べるため分解してみると、プッシュボタンのバネが折れていたため、こちらも交換させていただきました。

オメガシーマスターのバックル修理は新潟市のブローチ時計修理工房

写真の左が新品。右が折れてしまったバネです。プッシュボタンはメーカーで一万回程度は耐えれるような仕様で作るようにしているはずですが、中には何かのイレギュラーで写真の様に折れてしまう事もある様です。このためにバックルの片方のボタンがきかなくなって着脱がしにくい状態になってしまっていました。

こうしたパーツは交換することで完全に不具合は解消されます。

さらにケースとブレスレットのポリッシュの依頼追加を受けた時にお客様から「ベゼルのペイントの剥がれもどうにかならないか?」と相談を受けていました。

回転ベゼルの数字目盛にはペイントの入る溝が浅くなっているのもありペイントを入れてもまた剥がれてしまう可能性がかなり高かったのですが、ポリッシュもしていただいたのでペイント入れの技術料はサービスさせていただきました。

新潟でオメガシーマスターの修理はBROOCHブローチ時計修理工房

新潟の時計修理専門店BROOCH時計修理工房ブローチではベゼルのペイントもお任せ

回転ベゼルのペイントは専用の塗料よりも強力な塗料を使って行いました。(専用塗料ではすぐに取れて上写真の様に成ってしまう為)ケースもポリッシュして新品同様に仕上がりました。大切な時計がピカピカになって仕上がると嬉しいですよね!

ケースポリッシュは定期的なメンテナンスで不具合の個所が無かった場合でもお勧めのメンテナンスです。

オメガシーマスターのベルト修理はブローチ新潟時計修理工房へ

OMEGA seamaster ref  168 1503

ケース&ブレス ポリッシュ料金   ¥10.000

ブレス修理料金           ¥ 5.000

ベゼルペイント入れ料金       ¥サービス