BVLGARI ソロテンポ ST35S のオーバーホール。

修理ブランドBVLGARI ブルガリ

今回は「BVLGARI ソロテンポ ST35S」をお預かりしました。

「針が上手く回せなく、カレンダーもきちんと変わらない。直せますか?」という相談でした。

BVLGARIのソロテンポは1997年に発表された定番の人気モデルです。

ソロテンポはイタリア語で「一つだけの時間」という意味を持っています。唯一無二のかけがえのない時間を贅沢に過ごすための最高のパートナーになる時計です。

特徴はベゼルの部分の上下にある二つのBVLGARIのロゴです。

さらに、文字盤のインデックスの12時と6時のみ、アラビア数字を使用しています。

針は長針短針の2針のみ、日付表示の窓が文字盤の3時の位置についているシンプルでありつつも精錬されたデザインです。

BVLGARIの高級腕時計の中では、カジュアルラインとして捉えられていますが、宝飾店としてBVLGARIの培ってきたデザイン性やノウハウはこのソロテンポの腕時計の中にもしっかり活かされています。そのノウハウが男女を問わず多くの人を引き付けてきました。

実際にチェックしてみると、確かに針回しがかなり重くカリカリと空回りする所もありカレンダーもパチッと変わらず、ズルズルと変わっていました。

全体的にオイルが乾燥している事もありオーバーホールでお預かりしました。

オイルが切れると針回しが非常に重くなる事があり、その状態で無理に針を回すとそこに関連した歯車が欠けたりする事があります。

文字盤を外し詳しく調べてみると小鉄車の歯が欠けていました。そのため針回しが空回りしていました。

写真右が新品の小鉄車です。比べてみると左側の小鉄車が欠けているのが良くわかります。

写真右側が新品のデイトジャンパー。そして写真左側がチェックした際に出てきたものです。

カレンダーがきちんと変わらない原因はカレンダーディスクを定位置で押さえるためのスプリングが折れてしまっていたためでした。

本来、写真中央のようにカレンダーディスクの凹凸にしっかりはまり、定位置で押さえます。これが壊れてしまうと、カレンダーが上手く機能しなくなってしまいます。

パーツを交換し、オーバーホールしました。カレンダーも新品同様しっかり機能するようになりました。

精密機械といえる腕時計は、パーツのちょっとした磨耗や欠けで機能が落ちてしまいます。そのために、定期的なオーバーホールが大事になっていきます。では、また何か気になる事がありましたら、気軽にBROOCH時計修理工房にお越し下さい。

オーバーホール料金        ¥23.000