BREITLING コルト OH及びケースポリッシュ依頼

修理ブランド

ブライトリングは確かに高級腕時計メーカーですが、リーズナブルな価格のものも損じします。それがモデル・コルトシリーズです。

「BREITLING COLT(ブライトリング) コルト」OH(オーバーホールの略称)及びケースポリッシュ依頼でお預かりしました。

BREITLING コルト OH及びケースポリッシュ依頼

↑うっすらと広がる波紋が特徴的な文字盤は、他の時計とまた一段と異なった印象を見せてくれます。

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。この方法はパーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使います。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。

 

今回は同時進行でポリッシュ加工を施していきます。ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで表面の細かい傷が消え光沢が出て美しい状態になります。

 

こちらは磨いた後の画像です。まるで鏡のような輝きになりました。

研磨にはバフモーターという機材を使います。ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

 

今回のお預かりしたものは、特に深いキズや破損箇所はありませんでしたが、「日常的に使っているので、定期メンテナンスとしてオーバーホールをしてほしい」とのことでした。

パッと見て汚れが無い時計でも、潤滑油の役割を果たす油が乾いてしまったり、歯車などのパーツが長年の使用で磨耗していることも十分ありえます。時計をいつまでも使って頂くためにも、大体3~5年に一度は行うことをオススメしています。

 

 

オーバーホール料金           ¥28.000

ケースポリッシュ料金          ¥6.000