BREITLING コルト OH及びケースポリッシュ依頼

修理ブランド

「BREITLING COLT(ブライトリング) コルト」OH(オーバーホールの略称)及びケースポリッシュ依頼でお預かりしました。

ブライトリング コルトシリーズは軍用時計をルーツに作られた本格派スポーツウォッチです。

リーズナブルな価格で販売されていることが特徴で、クォーツから機械式まで幅広いラインナップが展開されています。

そんなコルトシリーズですが、バーゼルワールド2018において、使いやすい直径41mmモデルが新たに発表され、これまで「大きすぎて似合わない・・・」と感じていた人でも手が出しやすくなりました。

今回は今注目のモデル「ブライトリング コルトシリーズ」について少し解説していきます。

BREITLING コルト OH及びケースポリッシュ依頼

↑うっすらと広がる波紋が特徴的な文字盤は、他の時計とまた一段と異なった印象を見せてくれます。

自社の時計を「計器」と呼び、クオリティ面で一切の妥協を許さないブライトリング。

圧倒的なスペックを持つ高機能モデルを幾つも作り上げてきた歴史を持ち、精度への強い拘りから全てのモデルにクロノメーターが搭載されていますが、トップクラスの性能を持つということは、それだけ製造コストもかかるため、ブライトリングの時計は決してお買い求めやすい価格ではありません。

モデルによっては100万円越えの時計も存在し、欲しいけど手が出ないという声もよく聞きます。

そこでブライトリングは低価格帯のシリーズとして、コルトシリーズを発表。高精度なクオリティはそのままに、シンプルな機能やデザインに絞ったコストパフォーマンスに優れる時計の数々を世に輩出しました。

尚、コルトシリーズはコストを抑えるために出来る限りシンプルな設計となっており、ブライトリングの代名詞であるクロノグラフが大半のモデルに搭載されていません。その代わりに「機械式」だけでなく「クォーツ」モデルもラインナップすることで、幅広い需要に応えることに成功しています。

気になる価格ですが、なんと大半のモデルが35万円以下で買えるという超リーズナブルな価格設定。

非常にお得なモデルとしても現在人気が高まっています。

BREITLING コルト OH及びケースポリッシュ依頼

こちらは磨いた後の画像です。まるで鏡のような輝きになりました。

今回のお預かりしたものは、特に深いキズや破損箇所はありませんでしたが、「日常的に使っているので、定期メンテナンスとしてオーバーホールをしてほしい」とのことでした。

パッと見て汚れが無い時計でも、潤滑油の役割を果たす油が乾いてしまったり、歯車などのパーツが長年の使用で磨耗していることも十分ありえます。時計をいつまでも使って頂くためにも、大体3~5年に一度は行うことをオススメしています。

 

 

オーバーホール料金           ¥28.000

ケースポリッシュ料金          ¥6.000