ブライトニング クロノマット

修理ブランドBREITLING ブライトリング

 

 クロノグラフの開発を通じて重要な革新を積み上げてきたブライトリングの原点は、創業当初から受け継がれる「計器としての時計づくり」にあります。創業は1884年。レオン・ブライトリングが、スイスのサン・ティミエに開いた精密計器専門工房を開きました。これがBREITLING(ブライトリング)社の始まりです。パイロットのための『腕に装備する計器』の製造を徐々に拡大させながら、現在のクロノグラフの形態を完成させ、1936年に英国空軍の公式サプライヤーになったことを機に、世界的な航空時計としての地位 を確立していきます。レオン・ブライトリングが設立した精密機器を製造する工房に始まり、2代目ガストンの時代、1915年には世界初の腕時計クロノグラフを発表。3代目ウィリーの時代は、2個のプッシュボタンでスタート/ストップとリセットを操作する現在もっともポピュラーななクロノグラフ機構を開発されました。また、航空界と親密な関係を築き、コックピット搭載用計器の第一人者として名声を確立しました。
 1942年に回転計算尺を備える世界初のクロノグラフ「クロノマット」、10年後には航空尺度を備えた「ナビタイマー」を開発しました。当時は現在ほど計器や管制システムが未発達であったため、世界中のパイロットたちはこの時計の機能を用いてフライト時に必要になるありとあらゆる計算に役立てました。

 現在のブライトリングは、「クロノマット」や「ナビタイマー」をはじめとする航空クロノグラフを軸にしながら、伝説のダイバーズウォッチの現代バージョン「スーパーオーシャン」なども加え、多彩なモデルを展開しています。さらに、自社製の高性能自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「01」も完成し、その搭載モデルが続々と登場しています。

 ブライトリングを代表するモデル、クロノマットは、自動巻クロノグラフの代名詞としての地位を確立しています。ブライトリング哲学を完璧に体現したクロノマッ トは、パワフルで独自性にあふれるデザインと「プロフェッショナルのための計器」としてのすべてのパフォーマンスを合わせ持っています。精度、耐久性、視認性、機能性、驚異的な防水性能、そして、最高の耐久性と信頼性を実現した、ブライトリング社が独自に開発・製造したキャリバー01を搭載。重厚で気品あるケースのライン、エクスクルーシブな数字を刻んだベゼルには逆回転防止機能などを搭載しており、パワーとエレガンスを融合した迫力に満ちたその存在感は、独自性にあふれるデザインを愛する人々を魅了します。