OMEGA Speedmaster ケース&ブレスレットポリッシュのご依頼です。

修理ブランドOMEGA オメガ

今回はOMEGA Speedmaster ケース&ブレスレットポリッシュのご依頼です。

依頼内容は、「ベゼルをぶつけてしまってへこんでしまい、直してほしい」との内容でした。

どこまで元通りにできるか、腕の見せ所です。

それではまず、ベゼルとケースに分解します。

結構へこんでますね。。。腕がなります。

こちらも鏡面部分の輝きが弱い印象です。

基本的にはバフモーター

という機械を使い、磨いていくのですが、時計のケースは直線が少なく、ブレスレットに比べると複雑な形状をしているので、細かい部分などは手作業で仕上げたりします。ズレたり凹凸が出来たりすると綺麗な仕上がりとは言えなくなるので、集中力を高めて作業します。

 

まずは、硬めのフェルトバフで全体のキズを取り除きます。この時の傷の取り具合がこの後に繋がっていくので大事な一段階目です。

あまり深い傷を追ってしまうと、形状自体が変わってしまう恐れがあるのでバランスも見ながら慎重に研磨していきます。

二段階目は、少し硬さを落とし、柔らかめのフェルトバフで磨いていきます。

この段階である程度の光沢を出します。この時、表面に凸凹が出ないよう注意しながら研磨していきます。

最後に、布バフで鏡面に仕上げます。バフの回転を上げ一気に仕上げます。

ベゼルのへこみ箇所、ケースの鏡面&サテン仕上げも綺麗に仕上がったのではないでしょうか。

続いてブレスレットを磨いていきます。

Before

こちらのブレスレットは、真ん中脇の細い部分は鏡面仕上げ、他の部分はサテン仕上げにしていきます。

こちらもまずは、硬めのフェルトバフで傷を取っていくのですが、今回は傷が多いので変形に気を付けながら研磨していきます。

サテン仕上げはバフモーターの一番右にあるスポンジバフという筋の付くバフを使用します。斜めに筋が入らないように気を付けながらサテン加工を施していきます。この作業で鏡面仕上げとの綺麗なコントラストが決まるので重要な作業になります。

仕上がりがこちらです。

After

真っ直ぐに筋も入り、鏡面仕上げとサテン仕上げの綺麗なコントラストが出たのではないでしょうか。

それぞれのパーツが綺麗に仕上がっても完成させたときのバランスが悪くては作業完了とは言えず、ケースのサテン加工の濃さとブレスレットのサテン加工の濃さがアンバランスだと統一感が出ません。もちろん鏡面の仕上がりもですが、全てのパーツを組み合わせ一体化した時の美しさを頭に置き、ポリッシュの作業を行います。

 

 

ケース&ブレスレットポリッシュ料金 ¥11,000(税別)