BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > その他ブランド > Tiffany&Co.-ティファニー- 9N0291106 ケースポリッシュ、電池交換 時計修理

Tiffany&Co.-ティファニー- 9N0291106 ケースポリッシュ、電池交換 時計修理

修理ブランドその他ブランド

Tiffany&Co.-ティファニー- ケースポリッシュ 電池交換 時計修理

今回お預かりしたこちらのティファニーはクラシックトノーモデルになっており、見た目はティファニーらしさ溢れるシンプルながら存在感のある一本になっております。

ちなみにみなさんはティファニーと聞いたらどんなことを思い浮かべますか?
誰もが一度は聞いたことがあるとは思いますが、ティファニーとは世界的に有名なジュエリーブランドです。そんなハイジュエリーブランドの時計を今回はポリッシュ(外装磨き)していきます!

~ポリッシュで宝石のような輝きを!~

まずはお持ちいただいた際の状態をご覧ください。

全体が鏡面仕上げのモデルのはずがこれだけ傷だらけになっております。
お使いの中でどれだけ気を付けていてもこうなってしまうものなのですね、、。逆に私たち時計修理師にとっては磨きごたえがあってワクワクするのですが(笑)
さて、いったいどのようにして磨いているのか少し紹介したいと思います!

まずはこちらを!
時計のケースブレスの磨きをするなら新潟万代ブローチ時計修理工房
じゃーん!こちらがみんな大好き「バフモーター」です!
高速回転しているバフに時計のケースやブレスを当てて磨きます。今回は全て鏡面仕上げのケースのみだったのでそれを例に話したいと思います!

写真にはフェルトバフ、布バフ、スポンジバフの3種類が写っています。ですが正式にはフェルトバフ2種類(硬い・柔らかい)、布バフ、スポンジバフ2種類(粗い・細かい)の5種類を使用します。
まず1段階目として硬いフェルトバフを使用して表面のキズをおおまかに取ります。時計本来のフォルムを崩さないように注意しながら全体に当てていきます。
全体的に当てたら2段階目に移ります。硬いフェルトを取り、柔らかいフェルトに付け替え同じく全体に当てていきます。この際は1段階目よりも回転速度を上げ磨くのですが硬いフェルト同様に同じ箇所に当て続けたりしないようバランスを見ながら磨いていきます。ここまででほぼキズはなくなり、滑らかな輝きを放っていることがベストですね!
最終段階は布バフで磨きます。さらに回転速度を上げ、一気に仕上げていきます。この段階で目立つキズがある場合は柔らかいフェルトをもう一度当ててまた布バフで仕上げる。※キズが目立つからと言って深いキズ、打痕を消そうと頑張りすぎると大事なフォルム崩れに繋がるので注意が必要です。そういったものはあらかじめ綺麗に取れないとご了承を得たうえでお預かり、作業しています。

布バフまで終わったら超音波洗浄機にて洗浄をし、乾燥、ケーシングをして完了になります!
では仕上がりを見て頂きましょう!

表面・側面共にまるで新品かよ!と疑ってしまうほどピカピカに仕上がりました!ジュエリーブランドらしい輝きを取り戻せたのではないでしょうか!
今回は使わなかったのですが、スポンジバフはヘアライン仕上げを行う際に使用します。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

 ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、
折れ込んでしまったネジやピンの除去、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理・作業を承っております。

大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、それぞれ理由があると思いますが、その時計が壊れてしまったら悲しくなりませんか?
 壊れたら買い換えたらいい。そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません、ですが壊れないように定期的にメンテナンスすれば一生ものです!もし壊れてしまっても直せます!
お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

ケースポリッシュ ¥7,260(税込)
閉じる