TAGHeuer-タグホイヤー-カレラ WAR201E オーバーホール 時計修理

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

TAGHeuer-タグホイヤー-カレラ WAR201E オーバーホール 時計修理

今回お預かりしたカレラですが、リューズが抜けてしまうということでお持ちいただきました。
オシドリとのかみ合いが悪く、ただはまっていないだけなのか破損しているのか原因を探りつつ作業していきたいと思います。

タグホイヤー オーバーホール 分解掃除は新潟市ブローチ時計修理工房におまかせください。

~リューズが抜けてしまう原因は?~

オシドリという部品が外れているだけなのか、それとも破損しているのか、それとも他に原因があるのか見落としが無いように分解を進めていきます。
機械をケースから取り出して、針を外して、文字盤を取って、裏押さえを外したところでオシドリ周りが姿を現します。見たところ破損はなさそうでした。少し浮いているのが確認できたので押さえた状態でリューズを差してみたら見事にはまってくれました。オシドリにはマキシンの窪みと合わさるようなポストが付いています。注意深く見てみるとそのポスト部分に汚れが溜まっているのが確認出来ました。その汚れが原因でマキシンの窪みとうまくはまらずに抜けてしまったと考えられます。

その後、他の部品もきれいに洗浄し新しい油を注しながら組みなおしました。お持ちいただいた一番の要因でもあるリューズが抜けてしまうということも改善され元通りになりました。

~クイックチェンジ機能搭載~

今回オーバーホールしたカレラにはクイックチェンジ機能というものが搭載されています。ロレックスのデイトジャストのようなものと言えばわかりやすいでしょうか。
よく見られるカレンダー機能搭載の時計は23時半過ぎくらいからそろーっとカレンダーが動き出して24時を過ぎてから完全に切り替わるというものが多いです。
このクイックチェンジ機能とは23時半を過ぎても動き出さず、24時になったところでカチッと一瞬でカレンダーが切り替わる機能になっております。
このカレラはデイデイトモデル(日付窓と曜日窓があるモデル)になっているので24時になると二つ一気に切り替わります。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

 ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、
折れ込んでしまったネジやピンの除去、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理・作業を承っております。

大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、それぞれ理由があると思いますが、その時計が壊れてしまったら悲しくなりませんか?
壊れたら買い換えたらいい。そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません、ですが壊れないように定期的にメンテナンスすれば一生ものです!もし壊れてしまっても直せます!
お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

 

オーバーホール ¥27,500(税込)