BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > その他ブランド > CYMA(シーマ)腕時計の風防交換を承りました。

CYMA(シーマ)腕時計の風防交換を承りました。

修理ブランドその他ブランド

CYMA(シーマ)腕時計の風防交換

時計修理はBROOCH時計修理工房へ 時計修理ならBROOCH時計修理工房へ

今回は、風防(ガラス)の交換のご依頼です。こちらの時計は、落とた際に風防が割れてしまったとのことです。リューズに向かって横に大きく亀裂が入っておりとても痛々しい状態でした・・・。ガラスに傷やヒビが入ってしまうと時間を確認する度に傷が気になってしまいますよね。そのままでも大丈夫だろうと思って使用していると故障の原因になることもありますので、気づいたら早めにガラス交換を行ってください!今回のガラス交換は加工が必要となり納期を1ヵ月程頂きました!

ガラスの種類

風防(ガラス)には、いくつかの種類があります。腕時計によく使われているガラスの種類は、主に「サファイアガラス」「プラスチック風防」「ミネラルガラス」などです。サファイアガラスは、サファイアを原料にして製造された人工ガラスです。主な特徴は硬度が高く、傷がつきにくいということです。また、加工をしても表面が非常になめらかであり、光透過性に優れているのも特徴として挙げられます。視認性が高いため、腕時計に使用すると時刻をスムーズに確認しやすいのがメリットです。デメリットとしては、サファイアガラスは衝撃に強いものの、衝撃が加わると欠けてしまうことがあるという点が挙げられます。ただし、破片が飛び散るほどにガラスが欠けてしまうことは少なく、一部分が欠けたり割れたりする程度が一般的です。プラスチック風防は、特徴は軽量で加工がしやすいということです。また、粘性・弾力性があり、割れにくいという特徴があります。ガラス素材の風防は割れたときの破片がとても鋭いので、万が一の場合に危険ですが、その点、プラスチック風防は割れても危険性が少ないので安心感があります。また、文字盤が傷つくリスクも少ないので、時計の価値をより保ちやすいというメリットがあります。ミネラルガラスはサファイアクリスタルほどの硬度はなく、割れやすく欠けやすいといった欠点があります。しかし、低コスト且つ加工がしやすい素材であることから、世に出回る多くの腕時計に採用されている材質です。透明度が高く加工しやすいのが特徴ですが、割れやすいというデメリットもあります。万が一、衝撃を受けた場合はガラス表面にヒビが入ったり、粉々に割れて破片が飛び散ってしまったりする可能性があるため、注意が必要です!

ガラスの交換はBROOCH時計修理工房へ
時計修理はBROOCH時計修理工房へ

当店では、時計の形やメーカーによって用意出来ない事もありますが、基本的にはガラスを交換することができます!時計のガラスは毎日目にするものなので、綺麗にしたいとお悩みになっている方も多いかと思います。当店では相談だけでも受け付けていますので、時計修理でお悩みのお客様がいましたら是非BROOCH時計修理工房へお越しください!

風防交換 ¥11,000(税込)

運営会社について

閉じる