BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > その他ブランド > MONDAINE(モンディーン)腕時計の電池交換を承りました。

MONDAINE(モンディーン)腕時計の電池交換を承りました。

修理ブランドその他ブランド

いつもありがとうございます。
ブローチ時計修理工房万代店です。

ブローチ時計修理工房万代店です

今回はMONDAINE(モンディーン)の電池交換を承りましたのでご紹介します。
モンディーンの時計についても詳しく説明致します。

モンディーンとは

モンディーンは、スイスの時計メーカーです。
1951年、「Frank & Bernheim」という時計の輸入販売を業務とする会社としてブラジルで設立しました。
1954年に社名をモンディーンに変更しました。
1986年にはスイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチを発表し、この時計のオリジナルモデルとなったのは、1940年代にスイス国鉄のエンジニアで、同時に優れたデザイナーでもあったハンス・フィルフィカーが開発したスイス レイルウェイ ステーションクロックです。
今でもスイス国鉄駅3,000箇所以上で目にすることができるこの時計は”Stop To Go機能”を搭載。モンディーンのスイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチは、視認性の高さとシンプルで完成されたデザインが特徴的です。
誕生以来20年以上が経過した現在も世界中でロングセラーを記録しています。

ヨドバシ.com - モンディーン腕時計 通販【全品無料配達】

デザイナー、建築家、アーティストとのコラボレーションウォッチも発表。サンフランシスコ近代美術館の設計で知られる高名なスイスの建築家、マリオ・ボッタによるマリオボッタ for モンディーン、バウハウスの教師として知られる、ヨハネス・イッテンへの敬意を表現した時計HOMAGE TO JOHANNES ITTEN、アーリング・アンダーソンとスティーン・クリスチャンセンによって開発されたピクトウォッチなどを発表してきました。

電池交換の作業内容をご紹介します。

モンディーンの電池交換を承りました。

写真の時計が今回ご依頼があったモンディーンです。

電池交換作業内容

まず、時計の裏蓋を開けます。
時計の裏蓋には工具を入れる場所がございます。
その場所にこじ開けという工具を使って開けます。

その名の通りこじ開けます、時計の裏蓋はずし「スーパーコジ開け」 | Cafe Cappuccinoその他 腕時計の電池交換をしてみる① by tacoma@ひさし - みんカラ

 

 

 

 

 

 

 

 

左:こじ開けを右の隙間に入れて、裏蓋を開けます。
すると電池が見えますので、新しい電池と交換し、裏蓋を閉じれば電池交換作業完了です。
島田市☆村松時計店 (時計の修理情報/時計の入荷情報):【MONDAINE】モンディーン・エヴォの電池交換

最後に時計の時刻合わせをしてお客様にお渡し致します。

以上が電池交換作業の内容です。

作業時間は5~10分で完了いたします。
別日に引き取ることも勿論可能です。
即日対応可能ですが、電池交換が終わるまで外出したいと考えるお客様もいらっしゃいます。
お客様には料金精算後、必ずお客様控えをお渡ししています。
外出されるお客様は店頭に戻られた際、お客様控えをご提示ください。

電池交換料金
電池交換料金:国内製時計 \1100円(税込み)
       舶来製時計 ¥2200円(税込み)

電池が切れた時計を放置すると液漏れが発生し、時計を壊してしまいますので、必要ない時は電池を取り外しすることをオススメ致します。
なお、定期的にメンテナンスが必要ですのでオーバーホールのご相談もお待ちしております。

時計のことでお困りごとがございましたらお気軽にブローチ時計修理工房に足をお運びください。

運営会社について

閉じる