BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 【ブローチ時計修理工房蒲田店】世界初の腕時計
スタッフブログ

こんにちは、ブローチ時計修理工房蒲田店です。

今回は腕時計がどのようにして誕生したのか紹介したいと思います。

腕時計が誕生する前は17世紀に生まれた懐中時計が主流で、ヨーロッパの懐中時計は時間を知る実用的なものというよりは「芸術品」という位置づけあったため普及することがありませんでしたが、9世紀の「産業革命」をきっかけ鉄道網が発達したことにより正確な懐中時計の需要が高まり実用性を重視されていきました。

時代は戦争へと移っていきます。

懐中時計から腕時計へと変わった要因は戦争です。懐中時計を片手に砲撃のタイミングを計測していた砲兵が手首に巻いたことから始まったとされており後にドイツ軍により作成されたそうですが、正式な腕時計とは見なされておらず世界初となる腕時計なのか定かではありません。

オメガが、1900年に腕時計を商品化しますが、女性用懐中時計を革ベルトに固定しただけだったため一般的に使われることはありませんでした。

Cartierサントスドゥモワゼルの正面から見たケースです。

特定のブランドで発表され世界初の腕時計として最も有力なのがカルティエ「サントス」をです。

1904年にカルティエ3代目ルイ・カルティエが友人で飛行冒険家のサントス・デュモンの「操縦中に時間を確認したい」という相談を受けたのをきっかけに誕生しました。そのデザインがパリの社交界で話題となり、1911年カルティエが正式に男性用腕時計として発売しました。

ここからは、カルティエについて少し紹介していきます。

もともとカルティエは1847年に創業したフランスの高級宝飾メゾンであり、3代目の「ルイ・カルティエ」の時代には世界的なジュエラーとして頂点に昇り詰めていました。

カルティエは宝飾品だけでなく男性向けのアクセサリー(シガレットケース、ライター、筆記用具等)を数多く輩出しています。

その中に腕時計の製作も加わっていきました。

初めて手掛けたのは1888年の女性用のブレスレットウォッチです。

懐中時計が主流だった当時、ブレスレットにダイアモンドがちりばめられているブレスレットウォッチは今のスタイルとは違い女性たちはジュエリー感覚で身に着けていたとされています。

そして1904年に世界初の男性用の腕時計「サントス」がつくられました。最初は男性用として発売されましたが、現在は性別や年代を問わず多くの方に愛用されています。

サントスのシリーズは様々で、サイズを選ぶことができるので自分にぴったりの腕時計に出会うことができます。

 

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄)、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる