BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【SINN】極寒から灼熱、海底から宇宙まで極限状態に耐えられる時計 ジン
スタッフブログ

こんにちは。BROOCH時計修理工房神田店の32です。先日、お客様がお持ち下さった時計の電池交換をしている間に【SINN-ジン-】と言う時計ブランドの話をしてくださいました。私自身、まだまだ勉強不足なのでお客様にいろいろと教えて頂くことが多いのですが、この機会に今回は知る人ぞ知るドイツ時計【SINN-ジン-】をご紹介したいと思います。

旅客機などに搭載された時計

ジンの磁気帯び、磁気抜きなど時計修理はブローチ時計修理工房の神田店におまかせください!

正式名【ジン スペツィアルウーレン】のドイツ製の高機能腕時計【SINN-ジン-】。ドイツ軍のパイロットで飛行教官だったヘルムート・ジンが、ドイツのフランクフルトでパイロットウォッチを作り始めたのがスタートでした。1961年のことです。『低コストにて最高の時計作り』、『高品質で最高の機能性と視認性を搭載』、『広範囲な広告に頼ることないダイレクト・マーケティング』と言う3原則をもとに時計作りをしてきました。

ボーイング727にも搭載されたジンの実力

80年代には、ボーイング727にも搭載されたコックピット・クロックや、軍用コックピット・クロックを生み出していきます。それまでは宇宙空間では、自動巻きは作動しないといわれてきた説を当時のスペースシャトルに搭乗したドイツ人宇宙飛行士が個人装備品として着けていたジンの「140.S」が覆しました。

無重力空間でも自動巻きは作動するジン

無重力空間でも自動巻きは作動することを証明し世界に衝撃を与えました。その後もジンが生み出したモデルは何度も宇宙飛行士たちと共に宇宙旅行をしています。いままで、信じられてきたことを覆し証明するって本当にすごいですよね。ジンについて調べている時、気が付けば何度も「すごい。。。」と口から漏れていました。


ドイツ時計のパイロットウオッチ【ジン】の新時代

SINN’(ジン)の時計のオーバーホールのご依頼がありました

独自のテクノロジーを生み出し、伝統的な細かな点まで気を配る職人技とパイオニア的な革新性を一体化させ、身に着ける人が生涯着けることが出来る精度を今も誇っているジンは、航空機器に近い作りで極限状態でも最高の精度を保証する時計のため当時からプロフェショナル・パイロットたちに広く愛されていました。そんなジンに新時代が来るのは今から約30年ほど前の1994年。スイスの名門スウォッチブランドの製造部門マネージャーとして開発等にかかわり、経験豊富なローター・シュミット工学士がジンを引継ぎ、テクノロジーの新時代の幕が上がりました。クロノグラフの目利きとして時計業界にも定評があったシュミットは、高い耐磁性を備えた時計を生み出し、腕時計ユーザーにとってこの時代逃れられない天敵・磁気干渉を最小限に抑えられる時計を誕生させました。

プロフェショナル・パイロットたちに広く愛された【ジン】の挑戦

ジンの常識を覆す証明は、まだまだ続きます。北極圏・北極海など腕時計の視認性が命に係わるほどの状況下でも、ジンが開発した特殊潤滑オイルを使用した時計は、防護服の外に装着しても問題なく使用できたり、潜水艦内でも使うことが出来たりと、命を預けられるほどの厚い信頼を寄せられている時計を生み出します。もちろん、極寒と真逆の灼熱の砂漠でも使えると言う振れ幅。そんなすごい実績と信頼を得てきたSINN-ジン-の時計をまだ私は直に見たことがありません。今回使わせて頂いた画像は、先輩スタッフからお借りしたものです。もし、お持ちのオーナー様がいらっしゃいましたらぜひメンテナンスも兼ねて当店にお持ちいただけましたらとても嬉しいです。神田店にて首を長くしてお待ちしております!


 

神田店の外観

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。ロレックスオメガ、等の舶来時計も大歓迎!また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる