ヒゲゼンマイ

ヒゲゼンマイ

縦薄の金属帯がキレイに巻かれているゼンマイ。テンプの中心にセットされている。平ヒゲ、巻き上げヒゲ、ちょうちんヒゲなどの種類がありアンクルから伝達される反復運動を一定の規則正しい振動周期にして、テンプの回転を調整する。

上の写真は時計用語で「調速機」と呼ばれるテンプ一式です。

テンプは天針によってムーブメント本体に固定され、ヒゲゼンマイの先端にある”ヒゲ持ち”と、中心の円柱金属にはめられた”ヒゲ玉”を支点として伸縮を繰り返します。

ヒゲゼンマイが伸縮をすると、テンプは車輪のように左右に回転運動をはじめ、他の歯車やパーツに1秒間に1回針を進めさせる振動を与えます。

この振動こそが、時計の精度に繋がるわけです。

ちなみに、現在主流のテンプ振動数は「1秒間=8振動」であり、1秒間に8回左右に振れることで、正確な時間を刻むような設計が多いです。