新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > パワーリザーブ

パワーリザーブ

パワーリザーブとは

パワーリザーブには二つの意味があります。

1つ目はゼンマイを巻きあげた状態から時計を放置して止まるまでの時間のことを言います。

 

2つ目は、機械式時計のゼンマイの巻き上げ量を表示する機能のことです。主に文字盤上に設置され、その形は扇型が多いです。機械式ではないが、グランドセイコーのスプリングドライブにもパワーリザーブがついています。

パワーリザーブにかかわる輪列は香箱にかみ合っており、巻き上げるときと解けるときで別々の輪列が必要になります。そのため、パワーリザーブがある時計は歯車の数がかなり多くなります。

 

パワーリザーブ機構を修理するならブローチ時計修理工房

画像はオリエントスターのレトロフューチャーカメラ

 

 

閉じる