新潟の時計・宝石修理工房 > 用語集 > 自動巻き機構

自動巻き機構

自動巻き機構 Self-Winding

歩行運動などでローターを回転させることによりゼンマイを巻き上げる機構。時計を装着している腕の動きや時計自体を動かすことで自動的にゼンマイが巻き上がることから自動巻きと呼ばれます。自動巻き上げの回転ローターは全回転式や半回転式、左右に振れる仕組みなど様々なものがある。手で巻き上がげる仕組みを「手巻き」といいます。

ロレックスキャリバー3050のオーバーホールをするならブローチ時計修理工房
上の画像はロレックスのキャリバー3055

時計のローターは腕の振りに合わせて左右に回転しますが、ゼンマイを巻きあげる方向は一方向になります。そのため、ローターの左右の回転をい方向に変換する必要があります。そのために使われているのが切替車です。この二枚の切り替え車はそれぞれ一方向にしか回らないため、左右の回転を一方向に変換することができるのです。
この歯車は回転している時間がとても長く、かかるトルクも大きいため、摩耗しやすい部品といえます。切替車が破損してしまうと、ローターが回転していてもゼンマイが巻かれないなどの不具合が発生します。

閉じる