BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブランド > GIRARD-PERREGAUX

ジラール・ペルゴGIRARD-PERREGAUX

ジラールぺルゴのオーバーホールはBROOCH時計修理工房へ

ジラールペルゴ(GIRARDPERREGAUX)ってどんなメーカー?

スイス時計の名門ジラール・ペルゴはジュネーブで活躍した時計師・宝石職人のジャン=フランソワ・ボットの時計作りによって始まります。
ジラールペルゴはの一環製造を行う(マニュファクチュール)メーカーとして時計マニアから根強い人気があります。
1791年に創業されたジラールペルゴは世界で4番目に古い時計ブランドです。
この頃は、ジラールペルゴという名ではなく、ボット社という名で時計を製造していました。当時の時計界では腕時計の量産を行ったメーカーは存在しておらず、初めて腕時計の量産を行ったメーカーとしても有名です。
の後、ボットはパリやフィレンツェに店を展開し、各国の上級階級から支持を得ました。ジラールペルゴの時計は創業者一族の一人「フランソワぺルゴ」によって日本の江戸時代に輸入された”日本初めてのスイス時計”でもあり、日本の時計史とも深い関わりがあります。1969年には機械式のみならず、クォーツ時計の製造に成功しました。そこでスイスでは初となるクオーツ時計の量産を行いました。
ただ、同時期に日本のセイコーが発表したクォーツモデルの方が大きく普及してしまったため、クォーツ時計を作り上げたもう一つのブランドとしての事実はあまり知られない結果となってしまします。
よくクォーツムーブメントはセイコーが世界で初めて作り上げたとされていますが、初のクォーツ腕時計の商品化はジラールペルゴともいわれています。
また、現在のクォーツムーブメントの周波数、32,768Hzを定めたのもジラ―ルぺルゴです。
自社で開発したムーブメントを数多くのブランドに提供するなど、その信頼性の高さと確かな技術力は、時計界から高い評価を受けています。

オーバーホール料金

舶来基本 クォーツ スタンダード ¥21,000
クロノグラフ ¥27,000
機械式 自動巻き ¥27,000
手巻き ¥25,000
クロノグラフ ¥40,000

電池交換料金

項目 料金 作業時間(納期)
外国産ブランド ¥2,200 15分~20分
ガラスを外すモデル ¥5,500 20分~30分

外装研磨(ポリッシュ)料金

項目 料金 作業時間(納期)
ケース&ブレスレット ¥11,000~ 2週間
ケースのみ ¥6,600~ 2週間
ブレスレットのみ ¥6,600~ 2週間

GIRARD-PERREGAUX修理事例

全3件中3を表示

運営会社について

閉じる