ロレックス エクスプローラーのオーバーホール&ポリッシュ

修理ブランドROLEX ロレックス

「時計が全く動かない。前回オーバーホールしてからかなり経つので、

オーバーホールもしてください。」との依頼でした。

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。この方法はパーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使います。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。

 

止まりの一番の原因は、ゼンマイ切れでした。

ゼンマイを新しいものに交換

ゼンマイを新しいものに交換してオーバーホールを進めます。

 この冒険家の為に作られたモデル「エクスプローラー」はロレックスの中でも最も高品位の性能、機能、品質をを兼ね備えたモデルです。言わば最も妥協のない製品と言えるでしょう。

 日付表示はなく、文字盤も黒のみ、ケース素材もステンレスのみでとてもシンプルな作りになっています。シンプルであるがゆえに、どんな服装にも合わせて身に着ける事が出来るのがこの時計の魅力です。1953年にエベレスト登頂の公式スポンサーになったことで世界中で注目を集めるようになり、現在はビジネスでもカジュアルでも身に着けられる万能な時計として人気を博しています。

 冒険家が身に着ける腕時計には高い堅牢さが求められます。どんな過酷な状況でも稼働し続けることを証明するためにロレックスのはメディアを使ったイメージ戦略を行いました。エベレストの登頂に挑戦する人に実際に時計を装着してもらい、どれだけ過酷な環境にさらされようとも稼働し続けられるということを証明したのです。それから間もなく、エクスプローラーは実用性重視の時計としての高い人気を獲得しました。

 ロレックスは時代とともに外装を進化させています。もちろんエクスプローラーⅠも然りです。エクスプローラーなどスポーツモデルによく採用されるブレスレットはスポーティな「オイスターブレスレット」です。その進化の系譜を顧みると様々な変更点がありましたが、最も分かりやすい部分は留め具です。シングルロックからダブルロック、オイスターロックへと変化しています。これは、折りたたみ式の留め具がよりがんじょうなものへと進化していっているという事です。シングルロックは強い衝撃などの外的要因で外れてしまう事があるので、それを防止するために、保険の機能としてもうひとつの留め具を備えた物がダブルロックです。

 214270に採用される最新のオイスターロック式のブレスレットは着け心地を重視した作りになっております。こちらもダブルロック機能があるのである意味「ダブルロックブレスレット」ではありますが、さらに進化をしているので留め具の名称が「オイスターロック」になっています。さらに、このブレスレットはクラスプの厚さと重みが増加させることで時計本体とブレスレットの重心のを均一にし、腕への負担が軽減されます。ブレスレットの着け心地を大切にする方には214270が一番良いモデルと言えるでしょう。

オーバーホール ¥28,000(税別)
ゼンマイ料金 ¥3,000(税別)
ケース&ブレス ポリッシュ料金 ¥10,000(税別)