新潟の時計・宝石修理工房 > TAG Heuer タグ ホイヤー > TAG HEUER-タグホイヤー‐ カレラ 1887 CAR2110 のオーバーホール&ポリッシュ。

TAG HEUER-タグホイヤー‐ カレラ 1887 CAR2110 のオーバーホール&ポリッシュ。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

TAG HEUER カレラ 1887 CAR2110 オーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)修理

1963年に創業家4代目ジャックホイヤーが製作に携わったといわれている「カレラ」。
その名称は、8日間で3000kmを走破する過酷なレース「パンアメリカーナ」をイメージしたと言われています。

「カレラ」は半世紀に渡る歴史の中で、常にトップモデルとしてタグ・ホイヤーの屋台骨を支える重要な役割を果たしてきました。

2010年に、自社開発となる自動巻きクロノグラフムーブメント「キャリバー1887」を搭載した「タグ・ホイヤー・カレラ クロノグラフ キャリバー 1887 」が登場しました。ムーブメントの美しさにも拘りが見られ、レーシングホイールのような肉巻きされたローターには、コード・ド・ジュネーブが施され、誇らしげにタグ・ホイヤーのロゴが入ります。ブルーのコラムホイールはPVDコーティングが施されているのも特徴です。

デザイン面にも着目していきますと、1963年に登場した1stカレラの特徴ともいえるロングホーンと呼称される長いケースラグは、タグ・ホイヤー・カレラ クロノグラフ キャリバー1887にもしっかり継承されています。ケース径は41㎜ですが、サイズ以上の大きさを感じられるのではないでしょうか!

文字盤は視認性を考慮するため、タキメーターを文字盤外周に配置。これによりベゼルを細くすることができたため、より文字盤の大きさが強調されています。さらに、30分積算計と12時間積算計のフチにシルバーリングが備わっており、クロノグラフ作動時の時間計測に優れたデザインであるため、遠目からでも カレラ クロノグラフ キャリバー 1887 であることが判断できる特徴と言えます。

9時位置にはさりげなくスモールセコンドが備わります。通常使用時にはこのスモールセコンドのみが動くので。お間違いなく!

では、早速オーバーホール(分解掃除)していきたいとおもいます。

~オーバーホールとは?~

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。
また、オーバーホールとは単に分解して掃除・注油するだけでなく、部品の異常や欠損など時計内部の状態をしっかりチェックし、パーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使いますが、異常が見られれば修理又はパーツ交換いたします。異常やパーツ交換の際も予めお客様の了承を得てからの作業になりますのでご安心ください。
今後もお客様に安心して使って頂けるように丁寧に作業しております。

カレラ 1887 CAR2110 の分解中の写真

今回はケースとブレスレットのポリッシュもご依頼頂いているので、磨いていきたいと思います。

~ブローチ時計修理工房でのポリッシュ加工(外装磨き)~

ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで表面の細かい傷が消え光沢が出て美しい状態になります。

研磨にはバフモーターという機材を使います。ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

タグホイヤー カレラ オーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ(外装磨き)は新潟市ブローチ時計修理工房へ!
こちらがバフモーターです。専用の研磨剤をつけて時計を段階的に磨いていきます。

タグ・ホイヤーのカレラを新潟市にある時計修理工房でオーバーホール&ポリッシュ加工しました。

↑Before

ベゼルに細かいキズが見られます。

タグ・ホイヤーのカレラを新潟市にある時計修理工房でオーバーホール&ポリッシュ加工しました。

↑After

キズがあった部分を磨きました。キズが見えなくなり、キレイなりました。

タグ・ホイヤーのカレラを新潟市にある時計修理工房でオーバーホール&ポリッシュ加工しました。

↑Before

汚れ、キズが見られます。またスジが分かり難くなっています。

タグ・ホイヤーのカレラを新潟市にある時計修理工房でオーバーホール&ポリッシュ加工しました。

↑After

磨いて、洗浄をしました。

また、スジも入れ直し、キレイに仕上がっていると思います。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、
折れ込んでしまったネジやピンの除去、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理・作業を承っております。

大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、それぞれ理由があると思いますが、その時計が壊れてしまったら悲しくなりませんか?
壊れたら買い換えたらいい。そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません、ですが壊れないように定期的にメンテナンスすれば一生ものです!もし壊れてしまっても直せます!
お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール ¥38,500(税込)
ポリッシュ加工 ¥11,000(税込)
閉じる