ROLEX エクスプローラー 14270 ポリッシュ依頼

修理ブランドROLEX ロレックス

今回はROLEX エクスプローラー 14270を預かりしました。

シンプルなデザインと高い性能を併せ持つロレックス エクスプローラー

「ロレックスの中で最も使いやすい」と評されており、スポーツウォッチの中で抜群に高い人気を誇ります。

そんなエクスプローラーですが、同じエクスプローラーでも「14270」や「114270」といった少し違うものもございます。

簡単に説明しますと、1世代前の「114270」、2世代前の「14270」といった違いがあるのですが、文字フォントの太さ、6時位置のswiss madeの位置の違いといった細かな違いの程で、外見は全くと言ってよいほど違いがありません。

ブレスレットとラグのつなぎ目部分の違いもありますが、大きいのは時計の中にあるキャリバー。つまりムーブメントの製造番号の違いです。

 

ROLEX エクスプローラー 14270

 

14270から114270に切り替わった2000年はロレックスのムーブメント製造技術が一気に向上した時期です。それに伴い、内部の機械がワンランク上のスペックに改良されました。

これこそが14270と114270の最大の違いとなります。

■14270…Cal.3000 振動数が毎時19,800から毎時28,800へと引き上げられ精度が大きく向上。

■114270… Cal.3130 テンプ受けがシングルからダブルブリッジになったことで耐久性が大きく向上。

世代的には114270の方が1世代新しくなる形になります。ちなみに、ケースサイズは14270・114270どちらも36mmサイズです。現行モデル214270が39mmなので、小さい時計を求めている方は旧型(今回お預かりしたもの)の購入をオススメします。

価格帯は114270と比べて14270は10万円ほど値段設定がお安くなっています。

どのエクスプローラーを買おうか迷っている方は、これらを一度参考にされてみてはいかがでしょうか。

画面上のケースを見てみると、長年使用していただいた形跡が見えました。通常のキズに加え、ラグに皮脂汚れが溜まっていましたので、汚れを落としながら磨いていきます。

ROLEX エクスプローラー 14270

こんなにも綺麗になりました!かなり深そうに見えるキズでも、しっかりと磨く(この作業をポリッシュ作業といいます)と、このようにしっかりと落とすことができます。

ROLEX エクスプローラー 14270

お次はメタルバンドとクラスプに入ります。

こちらは一旦磨いてキズを落としてから、一方向のキズをあえてつけていきます。

一言にキズといいましても、見た目を美しく見せるための、いわゆる装飾のようなものですので、ご安心ください。

ROLEX エクスプローラー 14270

完成品がこちらになります。

かえって流れるようなキズをつけることによって、この様な大人の渋さを演出できます。

普段身に着けている腕時計のキズが気になったと思いましたら、いつでもブローチ新潟時計修理に足を運んでください。