TAG HEUER カレラ クロノグラフ

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

TAG HEUER カレラ クロノグラフのオーバーホールの依頼です。

 

ラグジュアリークロノグラフウォッチの基準となる、タグ・ホイヤーの高精度計時の革新は、1860年以来、スポーツの進化とともに生まれ続けてきました。 タグ・ホイヤーのタイムピースは、パフォーマンスの一瞬一瞬を捕らえることを可能にします。 モーターレーシングの歴史を作ってきたドライバー達の手首からあなたの手首まで、タグ・ホイヤー ウォッチは、彼らの時間や時代に影響を長く与え続けています。

「カレラ」の名は1950年代前半にメキシコでおこなわれていた伝説のカーレース「ラ・カレラ・パナメリカーナ・メキシコ(LA CARRERA PANAMERICANA MEXICO)」に由来します。走行距離300km以上、山道の激しいアップダウンあり、長距離のストレートありで「世界で最も過酷なレース」といわれており、熱狂的なファンも多くいました。しかし、あまりの過酷さに死傷事故が多発しました。こうして、1954年、第五回を最後に幕を閉じたのです。

当時のホイヤー社社長、ジャック・ホイヤー氏は、この過酷なレースに感銘を受け、かつスペイン語の「Carrera」のという言葉に強い関心を持ちます。(Carreraにはレースもしくは走り、経歴、道などの意味があります。)

1963年、モータースポーツ愛好家のための腕時計「カレラ」創作スタートし、翌年1964年に発売されました。このシンプルなデザインが、カレラの人気を後押ししていくことになります。

カレラの魅力といえば、まずはそのシンプルでクリーンなデザインです。彼らはフランジ(見返し)という、文字盤の斜めになっている部分にメモリを入れることで、文字盤上を見やすくさせています。これはカレラのデザインコードの一つになっています。3針でもクロノグラフでも、必ずフランジの部分にスケールがプリントされています。フランジヲ有効活用するというアイディアは他ブランドでも採用されていることから、影響力の大きさがうかがえます。

次に魅力となるのが、服装を選ばず着用できるその汎用性です。初めて高級時計を購入する方の多くは「プライベート(私服)でもフォーマル(スーツ)でも違和感なく愛用したい」と思うことがあります。レーシングウォッチとしての要素を持たせつつ、ドレスウォッチの要素も盛り込まれているのがカレラの長所です

カレラのラグ(バンドと時計を接続する所)は内側を大きく抉り、面をおおめにとっています。この多面的なカットが生まれることにより、光の屈折による立体感=高級感を演出しドレス感を強めているのです。

タグホイヤーの価格帯は非常に現実的になっており、十万円台から購入することができます。高級時計でありながら手の届きやすい価格帯であることも、初めて高級腕時計を手にする人たちに選ばれる要因となっています。

オーバーホール ¥33,000(税別)